【台湾ブログ】2万円以上払ったホテルが最悪、日本の不快な思い出



今年の夏に家族4人で関西旅行に出かけた、
という台湾人男性の關李闢氏(ハンドルネーム)さん。
宿泊ホテルでさんざんな思いをしたということで、その内容をブログにつづった。

「日本で起こった悲劇を書きます。
一泊21000円もするホテルで、こんなことが起こるとは……」と
くやしさを文章ににじませている、關李闢氏さん。

まずは「チェックインは午後3時以降でチェックアウトは午前11時前という時間設定や、
チェックアウト時間を1時間を遅らせると1500円もかかるという不便さ」を
挙げた關李闢氏さんだが、「それは規定だから仕方ない」とあきらめ、
「外観は美しいが部屋の中や施設は本当になってない。
みなさんも見て判断してください」と、自身で
撮影した写真を公開し、いろいろな点を指摘した。

ベッド4つの配置や部屋の狭さにがっかりした關李闢氏さんは、
「こんな部屋しか用意できないとは!景色が悪いのはどうでもよいが、
部屋中カビのにおいであふれ、ベッドもシーツも汚い!
ベッドは台湾の病院で見るような形で、
白い浴衣にはシミがたくさんついている。

そしてベッドに残っている大きな汚れ。子どものおもらしの跡かもしれない。
ここがユニバーサル・スタジオ・ジャパン公認のホテルだなんて……
大阪の恥と言っていいのかもしれない。
私はここに泊まった証明として、敢えて部屋番号を明かします」と公表した。

そして、部屋にノミがいることを指摘。
「部屋に入って10分内で、肌全体に赤い傷が出来た。
夜は家族全員くしゃみが止まらない。

いるだけで全身がかゆく、くしゃみが止まらないのが
どんな気持ちなのか想像つくだろうか!?部屋の隅っこはほこりだらけだ。
信じられない!としか言いようのない部屋だった」そうだ。

深夜には我慢できずにフロントに行き、部屋の状況説明をしたという
關李闢氏さんだが「マネージャーがいないので処理ができません、とスタッフに言われた。
そんな発言をするとは信じがたい。

なす術がなく翌朝まで待つと、やっとマネージャーが出社。
ほこりだらけの部屋やシーツの汚れを見せると、何度も詫びた。
だがお詫びの言葉だけで何の対応もなし。

一晩の間に2~3回フロントに行ったが相手にされず、翌朝まで我慢したというのに
“すみません”と謝るだけとは失礼だ。部屋を変えてほしい。
これが礼儀正しい日本人の対応なのか?」と怒りが爆発。

「それでもマネージャーは“割引はできないし、特別なサービスもできない”と言い続け、
もう一度部屋の清掃をすることを約束した。
だが“シーツは汚いように見えるがこれでも洗濯済の物。
いくら交換しても汚れやシミがついた物しかない”と言われ、あきれ果ててしまった」そうだ。

「もう何を言っても時間の無駄なので、とりあえず
ユニバーサルスタジオに遊びに行った」という關李闢氏さんだが、
「帰ってきて部屋に入ると、確かに少しはきれいになったと感じた。
でもやはり寝具はシミだらけ。

フロントに行くと中国語が話せるスタッフがいたおかげで、部屋を変えてくれた。
そして空気清浄機をセットし、大浴場の入場券をくれるサービスしてくれた」とひと安心。
だが手足にはノミにかまれた跡が残り、
「やはりこの部屋にもノミがいる」と感じて悲しくなったという。

そして朝食のまずさも指摘。
「ウィンナーの味が悪く、乾燥したパンに
おいしくないスイカ……一食2700円の価値は全くない。
台湾では300円程度で食べられるレベルだ。
混んでいて食べるのに30分もかかり、バイキングなのに料理がなくなっても補充をしない。

おまけに内装も貧弱」と散々だった様子。
「4つ星クラスなのに、私の人生の中で最悪ホテルになるだろう」と嘆いた關李闢氏さん。
「日本語訳ができるなら、このブログの内容を
ホテル側に送ってみたいものだ」とブログを締めくくっている。
施設や対応が相当悪いホテルだったのだろう。


続きを読む