ブログネタ
経済トピックス に参加中!
東電、全原発が停止=柏崎刈羽6号機が定期検査入り―稼働は全国で1基に



東京電力の柏崎刈羽原発6号機(新潟県柏崎市・刈羽村、135.6万キロワット)が
25日深夜、定期検査のため発電を停止し、東電の原発17基が全てストップした。
福島第1原発事故以降、定期検査入りした全国各地の原発は
安全性への懸念などから運転を再開できず、国内54基のうち稼働中は
北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)の1基だけとなった。

東電の原発が全て止まるのは、検査記録改ざんなどの
トラブル隠しが問題化した2003年春以来。
泊3号機も5月上旬までに定期検査入りする予定で、
国内原発の全面停止が目前に迫ってきた。

東電の西沢俊夫社長は25日、「当面は(電力の)安定供給は確保できる見通しだが、
引き続き無理のない範囲で節電への協力をお願いする」とのコメントを発表した。 続きを読む