赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

震災

小沢は自分のことしか頭にないんだな。

ブログネタ
ちょっと許せないこのニュース! に参加中!
「故郷の人間への情はないのか!」 震災1年…
岩手にくすぶる小沢一郎の“悪評”…苦しみの声は届かず




★震災1年…岩手にくすぶる小沢“悪評”…苦しみの声は届かず

陸山会事件で、民主党の小沢一郎元代表(69)に禁錮3年が求刑された。
検察官役の指定弁護士は論告で「規範意識が著しく鈍っていると言わざるを得ない」と
断罪したが、小沢氏は「虚偽記載の事実はない」と全面否認し、
野田佳彦首相(54)が進める消費税増税にも反対。

グループ議員とともに「造反・離党」をチラつかせている。
その言動を「剛腕復活」ととらえる見方もあるが、東日本大震災の被災地となった
小沢氏の地元・岩手県では、冷めた声も聞かれるという。

「被災地とは何も関係ない。また、引っかき回し始めたという印象だ。
そもそも、小沢先生は大震災以来、今年の正月まで被災地に入らなかった。
裁判や国会で忙しかったのかもしれないが、そういう人だ」こう語るのは、
かつては小沢氏の後援会にも入っていたA氏。
陳情のために岩手県から上京した際に親しくなり、
今回、改めて私(宇田川)に本音を語った。

小沢氏は先月23日の朝日新聞のインタビューで、
「(すぐ被災地に入らなかったことは)本質的な問題ではない。情緒論だ。
復興予算を手当てするのが僕の役割だ」と説明していたが、A氏はこう続ける。
「それに納得する地元の人間は少ないのではないか。
小沢先生には、苦しんでいる被災地の声を
直接聞いてもらい、国に橋渡しをしてほしかった。
震災直後は『小沢先生は大物だから…』と期待したが、
震災から1年たって被災地の現状がこれだから」

環境省によると、岩手県のがれき推定量は約476万トン、
一般廃棄物の11年分という膨大な量だ。
これらが復興の妨げとなっている。A氏に同行していたB氏もいう。

「被災地入りを『情緒論』と話したのには驚いた。故郷の人間への情はないのか。
『国民の生活が第一』というのは口だけか。震災後、地元での小沢人気は落ちている。
正月に被災地入りしたときも、私の周囲では『何でいまさら…』という反応が多かった。
毎晩のように若い議員と会食しているようだが、
もっと被災者と向き合う時間をつくってほしい」

危機にこそ、人間の本質が浮かび上がるのかもしれない。
(ジャーナリスト・宇田川敬介)
続きを読む

原発ので頂点に達したからな。

ブログネタ
ニュースひとりごと に参加中!
「東京のマスコミは…」 震災後、被災地にはTV局や大手新聞など
いわゆる「中央メディア」への不信感が募っていた




東日本大震災で4000人近い死者・行方不明者を出した宮城県石巻市にある地域紙
「石巻日日新聞」の記者たちに、毎日放送制作のドキュメンタリー番組「情熱大陸」が密着。
震災から半年を迎える9月11日午後11時から、番組初の「生中継」を交えながら彼らの
半年間の闘いを伝える。

「石巻日日新聞」は宮城県石巻市にある社員28人の小さな地域紙。2011年3月11日、
東日本大震災の発生と同時に6人の記者は一斉に現場に飛び出した。その直後の津波。
印刷室は浸水し、新聞社の「命」である輪転機が止まった--。

新聞が発行できないという存亡の危機に直面した時、
彼らは「電気が無くてもペンと紙さえあれば伝えられる」と手書きの壁新聞を決意する。

津波で家を失い、家族の安否も分からない中で壮絶な取材を続けた
彼らが作った「6枚の壁新聞」は被災者の重要な情報源となり、
「ジャーナリズムの原点」として海外でも高く評価されることに。
米国の新聞博物館で壁新聞が永久保存されることになり、
『石巻日日新聞』の知名度は飛躍的に高まった。

だが、記者たちの日常に変わりはない。大手メディアとは違って彼らに異動は無く、
今後もずっと地域に密着していくのだ。
続きを読む

これは日本全国でやらないとな。

ブログネタ
東日本大震災に対して「何か」できること に参加中!
東京で震災がれきの処理始まる 宮古から貨物列車で到着



東京都で処理を受け入れた岩手県宮古市の東日本大震災の
災害廃棄物(がれき)第1便約30トンが3日午前、
貨物列車でJR東京貨物ターミナル駅(品川区)に到着。
がれき広域処理拡大への試金石となる、東京での処理がスタートした。

東北以外での受け入れは初。午前8時10分すぎ、2日夜に盛岡を出発した
最初のコンテナ3個が貨物ターミナル駅に到着し、フォークリフトでトラックに積み替え。
この日は計6つのコンテナが、都内3つの中間処理業者に運び込まれた。

このうち最初の1個、約6トンが搬入された大田区の処理業者では、
コンテナを開封するとガラガラと音を立ててがれきが床に。
木材や木くずなどに加え布団やネクタイ、ぬいぐるみなど、
津波で流されたとみられるさまざまな生活の品が泥にまみれ交ざっていた。

これらを、重機や手作業で金属などの不燃物を選別し、
可燃物は燃やしやすいように破砕した。

都は処理過程では放射線への不安に配慮し、宮古市の仮置き場に
職員を常駐させるなどして、各段階の空間放射線量などを定期的に測定、公表。
基準値を超えたがれきは搬出しない。

この日、可燃物の放射線量を測定用の箱に入れて測ったところ、
何も入れない時と比べて差はゼロで、検出されなかった。
また敷地周辺の放射線量は0・073マイクロシーベルト。
搬入前の値は0・077マイクロシーベルトだった。

可燃物は数日後にも江東区の焼却施設で一般の産業廃棄物とまぜて焼却を開始。
焼却灰と不燃物は東京湾内の中央防波堤にある埋め立て処分場に運ばれる。

都では11月中に1千トン、年度内に計1万1千トンを受け入れ予定で、
平成25年度までには宮城県分も含め計50万トンを処理する計画だ。

この日、がれきを分別した処理業者の責任者は「じっとりとして茶色くなった
ぬいぐるみや布団を見て、東北の人々の痛みを感じ複雑な気持ちになった。
復興のためにもお手伝いしたい」と話していた。
続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ