ブログネタ
地域経済 に参加中!
大阪市が全国ワースト1位 企業転出超過 帝国DB調べ



東日本大震災の影響で、企業の本社移転が「東から西」に進む
可能性が指摘されていたものの、平成23年の移転件数はほぼ
例年通りにとどまったことが、民間調査会社の帝国データバンクの調べで分かった。
転出数から転入数を引いた数(転出超過数)が最も大きかったのは大阪市。
コスト軽減のため近隣地域へ移転するドーナツ化現象が起きているためとみられ、
ここ10年平均でも全国ワースト1位だった。

東日本から西日本への本社移転企業数は、
例年100~110社で推移しており、昨年は111社。
転出超過数ワースト20には、福島県双葉郡や
宮城県石巻市が入り、被災地からの企業転出も目立った。

一方、深刻なのは大阪の企業流出だ。
震災による大阪への本社移転の傾向はみられず、
昨年は大阪市が転出超過数147社で、全国ワースト1位だった。
売上高ベースでみるとここ10年で、同市からの転出企業合計が
14兆1489億円だったのに対し、転入企業合計は7兆9433億円。

また、大阪府は転出超過が10年連続。
大阪府からの転出先のトップは昨年、33%の東京都だった。
都道府県別では東京、愛知とも転出超過。
三大都市圏の近隣県である兵庫や奈良、埼玉などの6県は転入超過となっており、
三大都市圏でも企業のドーナツ化現象を裏付けた。

また、本社機能を移転した企業1万621社のうち、
84・9%に当たる9019社が年商10億円未満の中小企業。
千億円以上は50社だった。
続きを読む