赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

貿易

北朝鮮はそこまでひっ迫してるんだね。

ブログネタ
北朝鮮問題 拉致 外交 核 人権 に参加中!
北朝鮮、経済難で乱掘…中国に次々と開発権譲渡(1)



北朝鮮の対中依存度が急速に進んでいる。
北朝鮮が最後の‘ドル箱’である鉱物を掘って中国に売り渡し、
原油と消費財・食糧を購入するという、後進的貿易構造が定着しつつある。

KOTRA(大韓貿易投資振興公社)によると、
07年の北朝鮮の対外貿易量のうち42.7%(19億7400万ドル)を
占めていた朝中貿易は、昨年56.9%(34億6500万ドル)に急増した。
 一方、南北貿易は07年の38.9%(17億9800万ドル)から
昨年は31.4%(19億1200万ドル)に減少した。

特に昨年の北朝鮮の対中輸出で67.7%を占めたのが
無煙炭・鉄鋼・スラグ・亜鉛などの鉱物資源。
これら4品目の輸出額も前年比でそれぞれ51%-136%増となった。
一方、中国からの主要輸入品は原油・機械・電気製品(TV・VTR)、
プラスチック製品、穀物などだった。
主力輸出商品がない北朝鮮が鉱物資源を売り、その代わりに
北朝鮮社会の維持に欠かせないエネルギー・食糧・消費財などを買うという構造だ。

IBK経済研究所のチョ・ボンヒョン研究委員は「国際鉱物価格が急騰する中で
中国が北朝鮮に目を向ける一方、北朝鮮も経済難の中で3代世襲を
成功させなければならないため、足元の火を消すために鉱物売りに乗り出している」とし
「こうした構造が続けば、北朝鮮は中国の一省と変わらず、経済的に隷属し、
中国の鉱物供給所、消費財市場に転落する」と診断した。

専門家は、北朝鮮のこうした貿易構造が、鉱山乱開発から
統一費用の急増まで大小の問題をもたらすと懸念している。
チェ・ギョンス北朝鮮資源研究所長は「鉱山は鉱物の品位まで念頭に置いて、
10年、20年計画で掘らなければならないが、今すぐ外貨が必要だからといって
容易なところから掘れば、いわゆる乱掘になり、数年後には鉱山を捨てることになる」とし
「今の北朝鮮の鉱物売りが乱掘につながらないか心配」と語った。

続きを読む

完全に舐められてるなロシア。

ブログネタ
中国の社会ニュース に参加中!
中国でロシアを見下す風潮広がる、
プーチン首相訪中の手土産もイマイチ―米メディア




2011年10月17日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカの中国語版ウェブサイトは
「プーチン訪中の成果は期待通りではなかった」と題した記事を掲載した。
新華網が伝えた。以下はその内容。

ロシアのプーチン首相が次の10年も引き続き同国を統治する意向を発表してから、
最初の外遊先に中国を選んだ。
中国は今やドイツに代わり、ロシア最大の貿易パートナー。
今年1~8月の貿易総額は前年同期比43.7%増の
508億ドル(約3兆9000億円)に達した。
両国はこれを2020年までに2000億ドル
(約15兆3000億円)に拡大させることで合意している。

今回の訪中では両国関係を「最も重要な二国間関係」にすることが最大の目的だった。
ところが、2日間の滞在で得た最大の成果は中国が15億ドルを投じて
シベリアにアルミ精錬所を建設するプロジェクト。
この惨憺たる結果を受け、ロシアは急に心配になった。

中国との関係が米国とカナダのようになるのではないかと。
カナダのように石油、天然ガス、鉱物資源、木材などを供給する
便利な存在になり下がるわけにはいかない。

だが、実は中国にとってロシアは5番目の石油供給国にすぎない。
ロシアは16年間も中国と天然ガスの価格交渉に明け暮れてきたが、
中国はその間、中央アジアのトルクメニスタンから輸送するパイプラインを敷設していた。

ロシアの植民地だった同国は毎年600億立方メートルを中国に供給する。
これはちょうどロシアが中国と協議していた量とほぼ同じだ。
中国はとっくにロシアだけをあてにすることを止めていたのである。

最近、中国人の間でロシアに対する優越感が広がっている。
日本と米国は嫌いだが、それでも学ぶべきところはある。
だが、ロシアからは何も学ぶところはないと見下す風潮が広がりつつあるようだ。
プーチン首相は今後10年の戦略を練るにあたり、
「中国の急速な発展」が大きな試練になると明言している。

続きを読む

アメリカ本格的にやばいな。

米財政赤字、3年連続1兆ドル台=GDP比は8.6%に低下



【ワシントン時事】米議会予算局(CBO)は7日、
2011財政年度(10年10月~11年9月)の財政収支が1兆2980億ドルの赤字となり、
赤字は10年度実績から30億ドル増と小幅に拡大したとの推計を発表した。

これで3年連続の1兆ドル台乗せだが、
赤字の国内総生産(GDP)に占める割合は8.6%と、10年度の8.9%、
戦後最悪だった09年度の10.0%を下回り、低下傾向にあることが確認された。続きを読む

急成長した分、落ちるのも早いぜ。

ブログネタ
中国経済 に参加中!
中国のGDPはすでに米国を抜いている=隠された本当の経済力―露紙



2011年9月21日、ロシア紙Zavtraは記事「中国:秘密に包まれた超大国」を掲載した。
24日、環球時報が伝えた。

欧米諸国は中国脅威論を喧伝すると同時に、中国の金融市場の地位がまだ弱いこと、
GDPが米国に追い着くにはまだ時間がかかることに安堵感を覚えている。
だが、中国の情報公開には多くの疑問点がある。
すなわち、GDPの本当の状況は中国人以外、誰も知らないのだ。

GDP以外の統計から中国の真の実力を推定してしてみよう。
中国大型企業の生産規模は2009年時点で約9兆ドル(約687兆円)。
小型企業が1~2兆ドル(約76~152兆円)となっている。
米国の工業規模は世界金融危機前年時点で6兆ドル(約458兆円)だった。
つまり、中国の工業生産規模は米国の2倍はあるのだ。

中国は今年5月、5500万トンの銑鉄を生産した。
米国の生産量1年分に相当する。前年の生産量6億5000万トンは、
中国以外の全世界の合計と比べて1.5倍という規模になる。
中国の食肉生産量は年8000万トンと米国のほぼ2倍。
膨大な貿易黒字を抱え、14兆ドル(約1070兆円)もの米国債を保有している。

果たして米国は世界経済の超大国だろうか?事実は明らかだ。
中国はもう米国を「追い抜く」必要はない。
米国のGDPは誇大に評価されたもの。
一方、中国のGDP統計は人為的に低く発表されている。
実際のGDPではもう中国が米国を抜いているのだ。
続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ