ブログネタ
映画@ネタ に参加中!
韓流映画『マイウェイ』、日本の反応は「反日映画では」「極右的」、
評価は“両極端”…韓国では「親日映画だ」と批判も




ブロックバスター映画『マイウェイ 12,000キロの真実』
(以下、マイウェイ)に対する日本での評価が両極端に分かれている。

14日の公開を控え、日本でプロモーション中の『マイウェイ』に対して、
反日映画という評価や、極右主義に対する描写が
印象的だという評価など、両極端に分かれている。

韓国では親日映画だと批評され興行に悪影響を及ぼしたのに比べ、
日本人を対象に調査した結果、反日映画という意見が多かったことが分かった。

日本の配給会社と共同配給しているCJエンターテイメントの関係者は
「日本人の観客は韓国と違って、反日映画ではないかという意見が多い。
特に強制徴集の場面では歴史的事実と違うと指摘している」と伝えた。
第2次世界大戦を背景に強制徴集を受けた朝鮮人と
日本軍の暴力による関係などに不快感を示している。

日韓中の微妙な歴史関係や長年の古い感情が、各国の観客に違った評価や
感情を抱かせているため、現地での興行推移に関心が寄せられている。
日本人の観客は強制徴集のシーンで不快感を示した反面、
天皇陛下への忠誠心を強調した日本軍将校の切腹シーンなど、
極右的な表現に好奇な目を向けていることが伝えられた。

韓国内で観客200万人を突破した映画『マイウェイ』は、
14日に日本300カ所の劇場で公開され、3月上旬には中国で公開される予定。
続きを読む