ブログネタ
ヨーロッパ に参加中!
伊・豪華客船座礁、「子供ら無視して、老年男性らが我先にとハシゴに群がった。
西洋人の取り乱し方に驚き」…韓国人客証言




「子どもが泣いているのに、いい年した男性たちが我先にとはしごに群がった」--。
地中海のイタリア中部ジリオ島の沖合で13日夜に座礁した
豪華客船コスタ・コンコルディア(乗客乗員約4200人)に乗り合わせ助かった
韓国の中学校女性英語教諭、康鎮珠(カン・ジンジュ)さん(47)が16日、
ローマ近郊のホテルで毎日新聞に脱出までの模様を語った。

康さんは娘(10)と妹夫婦とその3人の男子(14~9歳)計7人で、
11日夜にローマ入りした。
初の海外旅行で、1週間ほど地中海クルーズを楽しむつもりだった。
13日午後2時ごろ、ローマ北西にあるチビタベッキア港から「コスタ号」に乗船し、
遅い昼食を済ますと時差ぼけと疲れから3階にあるキャビン(個室)2室にこもった。
娘と妹と一緒にお祈りをして寝ようとした午後9時42分、
「ドーン」という衝撃で床に投げ飛ばされた。
はって廊下(長さ約50メートル、幅約5メートル)に出ると
すでに数百人の乗客が慌てふためいていた。
直後に停電した。康さんは闇の中、服や靴、
携帯電話を取りに戻れず、妹の夫と男児3人ともはぐれた。

「大声で泣き叫ぶ人がたくさんいてパニック状態だった。何を聞いても
乗員は笑いながら『ノー・プロブレム(問題ない)』というだけで誘導もなかった。
次第に船が傾きだし、英語、中国語、日本語などでの放送があったが、
女性たちの泣き声でまったく聞き取れなかった。
男性も含め西洋人がこんなに取り乱すとは思わなかった」

午後11時、救命ボートに「50人だけ乗れる」と言われたが、
3階客室脇のボートに大勢が群がり、結局、脱出は取りやめとなった。
その後、乗客約200人が2階上のデッキに上るはじごに殺到した。

「『女性と子どもが先だ!』と若い男性が叫んでも、何人もの老年男性が
我先に登ろうとし若い男性に引きずり下ろされ、激しいけんかになった」

沿岸警備隊によると、座礁約1時間後の10時半の時点で
船の傾きは20度だったが、深夜を回るころには80度になった。
康さんは「娘を引っ張り上げ3時間かけてようやくデッキに上がったが、
傾きがひどく海に滑り落ちそうになり、ロープにぶら下がり救援を待った」と語った。
沿岸警備隊の船で救出され、ジリオ島に上陸できたのは
座礁から5時間40分後の午前3時20分だった。

業務上過失致死容疑で逮捕されたスケッティーノ船長が
脱出したのはその3時間40分も前だった。
結局、妹家族も含め全員無事だったが、
康さんは「乗員が経験の浅い若者ばかりで頼りにならなかった。
学校の英語の授業で何度もみた映画『タイタニック』を思い出し、
怖くてたまらなかった」と話した。(以上)
続きを読む