ブログネタ
米中関係のニュース に参加中!
アメリカ】日本への言及、3年連続なし。
中国、韓国はあり…米大統領一般教書演説




【ワシントン時事】オバマ米大統領の24日の一般教書演説では、
日本に関する実質的な言及はなかった。
一方で、韓国については、自由貿易協定(FTA)の成果を訴える場面で触れ、
中国は不公正な貿易慣行が存在する国の例などとして取り上げた。

大統領は過去2回の一般教書演説で、日本について言及したことはない。
今回は「東京からベルリン、ケープタウンからリオデジャネイロまで、
米国に対する期待はこの数年で最も高まっている」との一節でわずかに触れたが、
「世界中で」との意味合いだった。 

これに対し、中韓両国は技術革新に優れた国などとして昨年も言及があった。
景気回復が遅れる日本との関係では、国内外にアピールできる分野がなかったようだ。
続きを読む