ブログネタ
.気になったニュース38 に参加中!
ホリエモンがオリンパス粉飾を「不公平」とつぶやく



元ライブドアのCEO・堀江貴文氏が30日、損失隠しを行った精密機器メーカーの
オリンパスについて、「有報虚偽記載部分はSESC方針だと
行政処分で済ますだって?ウソだろ?不公平すぎでは?」などとツイッター上で言及した。

堀江氏は現在、長野の刑務所で服役中で、スタッフの代筆でツイート。
「オリンパス、新聞報道では有報虚偽記載部分はSESC方針だと
行政処分で済ますだって?ウソだろ?LD事件は一期のみの粉飾容疑で、
その額もオリンパスの10分の1以下。
ライブドアみたいな新参者は刑事処分で歴史ある企業は
行政処分とか不公平すぎでは?」と考えを示した。

ライブドアは有価証券報告書の虚偽があったとして、代表者の堀江氏は
証券取引法違反の罪で有罪判決を受けた。

ただ、課徴金制度が導入されたことで、刑事事件化することなく、
行政処分として処理されるようになっていった。

そうした中で、オリンパスは20年以上に渡って、
金額にして1000億円以上の損失を隠し続けてきた。
そのオリンパスに対して、刑事事件ではなく行政処分で終わるという新聞報道が出た。

もちろん、どちらも法律違反には違いないものの、
その扱いが不公平だという不満を募らせた形だ。

ただし、東京地検特捜部は、マイケル・ウッドフォード元社長に任意で事情を聴くなど
関心を持っていると見られ、今後は刑事事件化する可能性も十分ありえる。
続きを読む