赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

節電

企業は今が稼ぎ時だから痛いだろうな。

ブログネタ
日本経済 に参加中!
関電、今夏20%超の節電要請も…企業は悲鳴



北海道電力泊原発3号機の定期検査入りで5日、国内で稼働する原発が
ゼロになることで、関西電力も原発ゼロのまま夏を迎える可能性が高まってきた。
大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働がなければ7月の電力不足は19.3%。
関電が月内にも例年比20%超の節電要請を打ち出す可能性もあるが、
昨夏を超える節電要請に対応できる企業は少なく、悲鳴と反発の声があがる。

関電管内では昨年6月23日に2454万キロワットの電力需要を記録しており、
今年7月の供給力見通し2446万キロワットを上回っている。
同社は昨夏、7月1日~9月22日を節電要請期間として前年比15%の節電を求めたが、
電力不足が顕著な今夏は節電期間の前倒しや節電幅の上乗せも想定される。

「(電力不足は)関東より関西の方が大変だが、
企業は慣れており、何%節電といわれたら、対応する」

日本化学繊維協会の大八木成男会長(帝人社長)は
4月24日の会見でこう自信を見せた。

背景には、繊維各社が石油ショックやバブル崩壊を経て
生産拠点の多くを海外にシフトしていることがある。
それでも大八木会長は「安全性を確認できた原発は再稼働してほしい。
大幅な節電はコストを無視して対応せざるを得ない」とこぼした。

ドイツ系製薬大手のバイエル薬品(大阪市)は、国内生産拠点の滋賀工場
(滋賀県甲賀市)の今夏の最大消費電力について、
空調設備の改良などで平成22年比20%削減の方針を打ち出した。
しかし、こうした企業は一部で、ほとんどの関西企業は
「20%超の節電は不可能」と悲鳴を上げる。続きを読む

ゴキブリ大量発生に「ゴキブリと節電は密接な関係にあったのか」

節電効果でゴキブリが大量発生中?



35度以上の猛暑日が続く首都圏。
だが、節電のため家庭・オフィスともに室温を
例年より高めに保っているところがほとんどで、
多くの人がうだるような暑さをじっと耐え忍んでいる。
そんななか、異常なほど大量発生している生き物がいる。
ゴキブリだ。

某製薬会社で殺虫剤の開発に従事する研究者のA氏は、
「株価に影響するので、あくまで個人的な見解として……」と、匿名を条件に次のように語る。

「(ゴキブリが大量発生する理由は)ズバリ“節電”だと思います。
特に都市部では、ゴキブリなどの不快害虫が室内で“避暑”しているんです(笑)」

どんな過酷な環境にも耐えられると思われがちなゴキブリだが、実は暑すぎるのは苦手。
真夏に長時間アイドリングしているクルマが虫に覆われたという話がたまにあるが、
それもエアコンの涼しさを求めて窓に張りついているんだとか。
ただし、涼しすぎてもよくないのだともA氏は言う。

「冷房のしっかり効いた24度程度の室内は、適正温度が25から
30度の彼らにとっては人生、いや虫生の終焉を予感させる“秋の空気”。
長居する場所ではありません。
ところが、節電のため今年の平均設定温度は28度。
虫たちの“人工繁殖場”ともいえる超快適な環境なんです」(A氏)

実際、東京では平均気温が25度に達する6月からゴキブリ用の殺虫剤類が店頭に並び、
25度を下回る9月末で一斉に消える。
そして、今年の売れ行きは「絶好調!」だと大手ドラッグストアチェーンのB店長。
特に医薬品の強力タイプと、ジェット型の遠くまで届くスプレーが大人気で、
多めに仕入れても夕方には売り切れてしまうそうだ。

東京のゴキブリ駆除専門会社「アルバトロス」の佐藤久社長も、
ゴキブリ大量発生の理由に“節電説”を挙げる。

「現在、日本にいるゴキブリは、ヤマトゴキブリ、クロゴキブリ、ワモンゴキブリ、
トビイロゴキブリ、チャバネゴキブリ、キョウトゴキブリなどで、
確かにいずれも28度は繁殖に最適です。
いつもより多く見かけるというのはそれが理由かもしれません」(佐藤社長)

節電に励む日本人に、思わぬ障害発生だ。

続きを読む

TV消せば節電報告に「マスコミが流すわけないだろ」

黙殺された野村総研の“TV消せばエアコンの1.7倍節電”報告



「こまめに電灯を消そう」「エアコンの設定温度を28度に」――テレビのワイドショーでは、
様々な節電方法が連日紹介されている。
その一方で、黙殺され続けている一番効果的な節電方法がある。

それはズバリ「テレビを消すこと」だ。

興味深いデータがある。
野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』なるレポート。
注目したいのは「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」という試算だ。

これによれば、エアコン1台を止めることで
期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130ワット。
一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなる。

単純に比較しても、テレビを消す節電効果は、エアコンの約1.7倍にもなるということだ。

この夏、エアコンを使わずに熱中症で亡くなる人が続出している。
にもかかわらず「テレビを消す」という選択肢を
国民に知らせないテレビ局は社会の公器といえるのか。

自分たちにとって「不都合な真実」を隠しつつ、
今日もテレビはつまらない番組を垂れ流し続けている。
続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ