ブログネタ
米中関係のニュース に参加中!
「アジア系のせいで禁煙運動失敗」~タバコが止められない
中国・韓国系のニューヨーカーたち




マイケル・ブルームバーグ ニューヨーク市長が10年前から大々的な
禁煙活動を行っているが、韓国や中国などアジア系の非協力で限界を現している。

2日(現地時間)、ニューヨーク・タイムズ(以下、NYT)は2002~2010年で
ニューヨークに居住する他の人種の喫煙率は大部分が減少したが、
特にアジア系の喫煙率は揺之不動(揺さぶっても微動だにしない事。
変わらない事)だとこのように伝えた。

市当局によれば、この期間の黒人の喫煙率は20.8%から12.5%、
白人は23.8%から15.6%にそれぞれ減少した。

一方、アジア系の男性の喫煙率は17%、女性は5%水準でほとんど動かなかった。

この新聞では、WHOの統計で韓国と中国の男性70%(女性は10%以下)が
タバコを吸うことになっていると言いながら、この様な現象が一定部分は
本国に根を置いていると明らかにした。

ニューヨーク医科大学のドナー・シェリー助教授は、「喫煙に関する限り、
アジア系にはニューヨーク市の禁煙政策とプログラムがうまく浸透されない
執拗な文化的な規範がある」と指摘した。

アジア系の間では、お互いにタバコや酒を
プレゼントする文化が日常化されているというのだ。

ニューヨーク市議会で唯一の中国系であるグレース・メン(Grace Meng)議員は、
「中国ではタバコが文化の一部」と言いながらも、
「業務上の晩餐の席でさえ何気なくタバコをくわえるのを見て驚愕した」と話した。

ニューヨーク市では、アジア系住民らの喫煙率を
低めるための新しいキャンペーンに突入した。

ニコチンパッチとニコチンガムを配る年例行事で、
中国語の禁煙広告チラシを配布すると同時に市庁舎に電話を掛ける人が
中国人の場合、禁煙プログラム登録を勧告する事にした。

また領域内のアジア系ニュースチャンネルを通じ、
喫煙関連疾病の苦痛を描く広告も出す方針だ。

NYTは、ニューヨークで一番多くアジア系が住むクイーンズでは、
くわえタバコの人々の姿が日常だと言いながら、アジア系が居なければ
ニューヨーク市の禁煙キャンペーンは成功したはずだと皮肉を入れた。

続きを読む