ソマリア首都で車爆弾75人死亡 イスラム過激派、犯行認める



【ナイロビ共同】ソマリアの首都モガディシオ中心部にある暫定政府の建物前で4日、
爆発物を積んだトラックが爆発するテロがあり、暫定政府関係者は共同通信に対し、
75人が死亡したと述べた。

自爆テロとみられ、40人以上の負傷者が出ている。
イスラム過激派組織アルシャバーブがウェブサイト上で犯行を認めた。
暫定政府側と内戦を続けるアルシャバーブは8月にモガディシオを撤退したが、
指導者の一人はゲリラ戦術を取ると表明。

続きを読む