赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

民主党

結局無罪になってしまったか。

ブログネタ
最新事件ニュース2 に参加中!
民主・小沢元代表に無罪判決



資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反罪で強制起訴された
民主党元代表・小沢一郎被告(69)の判決公判が、26日午前10時から
東京地裁(大善文男裁判長)で開かれ、小沢被告に無罪判決が言い渡された。
法廷では、現在も判決理由の読み上げが続いている。

これにより、民主党内では小沢グループの勢いが増し、「野田降ろし」の可能性が
出てくるなど、小沢元代表の党員資格停止処分の解除を巡る抗争が激化していく見込み。続きを読む

ある意味すごいなこの人。

ブログネタ
ちょっと許せないこのニュース! に参加中!
<脅迫容疑> 右翼団体の会長を逮捕…中井議員に指送り付ける



民主党の中井洽・衆院予算委員長に切断した自分の指や脅迫文を送り付けたとして、
警視庁公安部は24日、元広島県警警部補で右翼団体「洗心会」会長、
国信隆容疑者(40)=広島県三原市=を脅迫容疑で逮捕した。

逮捕容疑は3月10日ごろ、衆院第1議員会館(東京都千代田区)内にある
中井委員長の事務所に「この包丁で、身削ぎせよ」などと書かれた脅迫文と
包丁(刃渡り約12センチ)、自分の左手の小指などを送ったとしている。

公安部によると、国信容疑者は「脅迫したのは間違いない」と容疑を認めているという。
脅迫文には「不敬発言」「破廉恥行為」などと書かれており、動機との関連を調べている。続きを読む

小沢は自分のことしか頭にないんだな。

ブログネタ
ちょっと許せないこのニュース! に参加中!
「故郷の人間への情はないのか!」 震災1年…
岩手にくすぶる小沢一郎の“悪評”…苦しみの声は届かず




★震災1年…岩手にくすぶる小沢“悪評”…苦しみの声は届かず

陸山会事件で、民主党の小沢一郎元代表(69)に禁錮3年が求刑された。
検察官役の指定弁護士は論告で「規範意識が著しく鈍っていると言わざるを得ない」と
断罪したが、小沢氏は「虚偽記載の事実はない」と全面否認し、
野田佳彦首相(54)が進める消費税増税にも反対。

グループ議員とともに「造反・離党」をチラつかせている。
その言動を「剛腕復活」ととらえる見方もあるが、東日本大震災の被災地となった
小沢氏の地元・岩手県では、冷めた声も聞かれるという。

「被災地とは何も関係ない。また、引っかき回し始めたという印象だ。
そもそも、小沢先生は大震災以来、今年の正月まで被災地に入らなかった。
裁判や国会で忙しかったのかもしれないが、そういう人だ」こう語るのは、
かつては小沢氏の後援会にも入っていたA氏。
陳情のために岩手県から上京した際に親しくなり、
今回、改めて私(宇田川)に本音を語った。

小沢氏は先月23日の朝日新聞のインタビューで、
「(すぐ被災地に入らなかったことは)本質的な問題ではない。情緒論だ。
復興予算を手当てするのが僕の役割だ」と説明していたが、A氏はこう続ける。
「それに納得する地元の人間は少ないのではないか。
小沢先生には、苦しんでいる被災地の声を
直接聞いてもらい、国に橋渡しをしてほしかった。
震災直後は『小沢先生は大物だから…』と期待したが、
震災から1年たって被災地の現状がこれだから」

環境省によると、岩手県のがれき推定量は約476万トン、
一般廃棄物の11年分という膨大な量だ。
これらが復興の妨げとなっている。A氏に同行していたB氏もいう。

「被災地入りを『情緒論』と話したのには驚いた。故郷の人間への情はないのか。
『国民の生活が第一』というのは口だけか。震災後、地元での小沢人気は落ちている。
正月に被災地入りしたときも、私の周囲では『何でいまさら…』という反応が多かった。
毎晩のように若い議員と会食しているようだが、
もっと被災者と向き合う時間をつくってほしい」

危機にこそ、人間の本質が浮かび上がるのかもしれない。
(ジャーナリスト・宇田川敬介)
続きを読む

小沢一派との溝はもう埋まらないな。

ブログネタ
政治・選挙3 に参加中!
【民主党】「首相、小沢氏と会談を」幹事会で意見相次ぐ



6日に国会内で開かれた民主党常任幹事会で、消費税増税を巡って
党内対立が激化する事態を避けるため、消費税率引き上げ関連法案の閣議決定前に
野田首相が小沢一郎元代表と会談するべきだとする意見が相次いだ。

小沢グループの川上義博参院議員は「首相と代表経験者が会い、
丁寧な党内協議をするべきだ」と強調。
田中慶秋副代表も同様の意見を述べ、執行部に対応を迫った。
輿石幹事長は「もうしばらく時間を頂きたい」と述べるにとどめた。

また、元代表に近い川内博史衆院議員は「元代表との会談を求めるなら、
まず(元代表への)党員資格停止処分を解除するべきだ」と述べたが、
執行部は明確な返答をしなかったという。
続きを読む

保証人にだけはなってはいけないぞ。

ブログネタ
.気になったニュース39 に参加中!
小宮山泰子議員の歳費差し押さえ 連帯保証で2100万円分



民主党の小宮山泰子衆院議員(埼玉7区)が、詐欺罪で公判中の実兄が経営に関わる
会社の借入金の連帯保証人になっているとして、さいたま地裁支部から2100万円分の
議員歳費差し押さえ命令を受けていたことが10日、関係者への取材で分かった。

議員の兄徹被告は宝くじ販売会社監査役。
同社が徹被告の知人男性から借りた返済を求められた訴訟で、
東京地裁は先月、小宮山議員の連帯保証を認め、返済を命じる判決を言い渡した。続きを読む

どうせ形だけの視察だろ。

ブログネタ
中国の社会問題 に参加中!
国会議員2人、尖閣を海上視察 上陸はせず



民主党の向山好一、自民党の新藤義孝両衆院議員が21日、
漁船で尖閣諸島(沖縄県石垣市)に近づき、海上から視察した。
上陸はしなかった。視察後、石垣島で記者会見した両氏によると、
21日未明に石垣島を出発し、尖閣諸島最大の魚釣島や南小島、北小島を視察。
尖閣諸島周辺海域には約5時間滞在した。
2人は「島の国有化を進めていかなければいけない」
「漁船の避難港など有人利用を図るべきだ」などと訴えた。続きを読む

本当にこの問題は複雑だ。

ブログネタ
政治・選挙4 に参加中!
前原誠司 京都地検に呼ばれた献金在日女性
 「私が韓国人いうのは、あの子は知ってるよ」



三月の大震災発生直前、前原誠司氏は外国人献金問題で外相を辞任した。

政治資金規正法は、故意に外国人から寄付を受けることを禁じているが、
告発を受けて捜査していた京都地検は十二月二十一日、
「献金を受け取ったと認識していたと認められる証拠がない」と不起訴処分にした。

「もう終わったことやろ。何を聞きにきたんや。アホちゃうか」

十二月下旬、在日韓国人である木村順子さん(72)が経営する
京都市山科区の焼肉店を訪れると、木村さんは、そう毒づきながらも取材に応じてくれた。

「ほんま今年はよう勉強になった。たくさんマスコミが来てな。
話聞かせてくれって土下座した記者もいたし、隠し撮りもされたな」
木村さんは韓国で生まれ、一九四四年に来日。七四年にこの地に焼肉店を創業した。
店内はこぎれいで、総勢四十人ほどは入れるであろう、なかなか大きな店だ。
前原氏の国交相時代に、大臣室で一緒に撮ったという写真もまだ飾られている。

前原氏は中学二年の時に父を自殺で失い、それを機に家族で
この近くに引っ越してきた。木村さんとはその時からの付き合いだ。
「お母さんに連れられてな。松下政経塾に入るまではしょっちゅう来てた。
私が韓国人いうのは、あの子は知ってるよ」
姿を見せなくなったと思ったら、政治家になっていたという。

「京都府議になったんも知らんかった。
国会議員になってから、新党さきがけにいるんやって挨拶に来た。
結婚式には呼ばれんかったけど、その後、奥さんを連れてきてな。
まだ引き出物は大事に取ってあるわ。
国会議員では京都が選挙区の松井孝治(参院議員)や北神圭朗(衆院議員)が来た。
民主党代表の時に、私の母親の葬儀に来てくれてな。
SPがいて大変やった。息子の結婚式にも出席してくれた」

家族ぐるみの付き合いで、木村さんが献金しようと思ったのは自然の流れだった。
〇五年以降、合計二十五万円、息子二人も一〇年に一万円ずつ献金していた。

「あかんて知ってたら、献金するかいな。京都地検に一回だけ呼ばれて、
そういう説明した。献金したことをわざわざあの子に言うこともないし。
息子の献金も知らんかった。
結婚式に来てもらったお礼に少し寄付しとこか、いう感覚やろ」
続きを読む

不起訴処分しなかったら収拾つかなくなるからね。

ブログネタ
政治・選挙4 に参加中!
前原政調会長、不起訴へ 外国人献金問題



民主党の前原誠司政調会長が在日外国人から献金を受けていた問題で、
前原氏に対する政治資金規正法違反容疑での告発について、
京都地検が嫌疑なしの不起訴処分にする方針を固めたことが21日、分かった。
近く処分する。2005年以降の4年間と10年に各5万円の献金を受けていたとして、
滋賀県の政治団体幹部らが3月、告発していた。
前原氏は3月、献金の事実を認め、外相を辞任した。続きを読む

日本は世界を相手にする時が来た。

ブログネタ
経済政策 に参加中!
TPPきょう提言まとめ首相10日会見へ



TPP(=環太平洋経済連携協定)交渉への参加をめぐる議論は最終局面を迎えている。
民主党は9日、党の意見をまとめる方針で、これを受けて野田首相は10日に記者会見し、
TPP交渉への参加を表明する考え。

民主党のプロジェクトチームは8日夜、党内の慎重派に配慮し、
「政府が判断する」という提言の素案をまとめた。
これで9日に党内がまとまれば、野田首相が10日、政治決断を下すことになる。

「しっかり議論して早期に結論を得るのが今の私どもの姿勢ですので、
議論が熟した段階においては、一定の結論を出すということが必要だと思っております」
"野田首相は9日の衆議院予算委員会でもこのように述べ、
TPP交渉参加をめぐる態度を10日に表明することに意欲を示した。

一方、「TPPを慎重に考える会」のメンバーが9日午前、会合を開いた。
「『政府が判断する』という提言案の内容を
事前に漏らした」といった批判の声も上がるなど、
推進派への反発を強めている。

山田前農水相「(提言案は)慎重な意見を踏まえて判断するべきであるという
政府に対する制約はかかったと思っております。
何が何でもここは阻止しなければいけないと思いますので、
我々、徹夜になってでもそこを頑張らせていただきたい」

民主党は9日中に最終的な取りまとめを目指しており、党内の意見がまとまれば、
野田首相は10日に記者会見を開き、交渉参加の方針を表明することにしている。

続きを読む

廃棄した場合、うまく政府が制御できればいいが。

ブログネタ
.気になったニュース31 に参加中!
[社説]武器輸出三原則まで放棄して我が道を行く日本



日本が敗戦後に追求してきた「平和国家日本」というイメージの1つの軸である
「武器輸出三原則」を近い将来、廃棄するようだ。
そうなると、すでに事実上の防衛(軍事)産業大国である日本の武器生産および輸出は、
活性化して規模も拡大するものと予想される。
日本は、東アジア軍備競争をより一層けしかけるこのような試みを、
直ちに中断しなければならない。

数日前、前原誠司 日本民主党政調会長は、武器輸出三原則を再検討し、
戦闘機などの国際共同開発・生産への道を開こうと、総理に促した。真に執拗だ。
昨年末発表された日本防衛計画大綱の確定過程で、
当時外相だった民主党右派の前原と当時財務相だった現総理の野田佳彦などは、
最初から武器輸出三原則の再検討を防衛計画大綱に明記することを方針を定めた。
連立政党の社民党の立場を考慮して明記はひとまず保留したが、
形式的な手続きだけ残したわけだ。

武器輸出三原則とは、1967年、佐藤栄作政権が共産圏、国連決議が禁じる国、
国際紛争当事国またはそうなる恐れがある国などには武器を輸出しないとしたのを指す。
1976年、原則的な全面禁輸により強化されたが、1983年にはアメリカに対する
武器技術提供を許容し、2004年にはミサイル防御(MD)日米共同開発・生産も許された。
日本は自衛隊武器・装備を大部分、自主開発とライセンス生産方式で調達してきた。
軍事目的ではないと見なせる猟銃などの小型武器は、
世界9位(2004年)の輸出国になった。
三菱重工業などは、国際的に優秀な防衛産業企業として復活し、
車両など戦闘装備に転用できる物品と部品を輸出してきた。

それでも、産業界と防衛省などの保守右派勢力は戦闘機と軍艦、
ミサイルなど高価な先端武器を輸入に依存しなければならず、
高収益を保障する輸出も規制される現実に、不満を表明してきた。

日本の「非核三原則」は1960年代公表当時、すでに密約により米国核兵器搬入(寄港)を
許容することで形骸化していたことが最近、明らかになった。
このような状況で、武器輸出三原則まで取り除いてしまえば、
日本は「平和国家日本」でなく事実上「普通国家日本」に変貌することになる。
こうした状態であっても、韓国の保守右派は日米のこのような動きに
積極的に同調・便乗するような動きを見せている。
東アジアの軍備競争を幇助する極めて危険な発想だ。

続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ