赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

映画

一度見てみないと評価できないなこの映画。

ブログネタ
映画@ネタ に参加中!
韓流映画『マイウェイ』、日本の反応は「反日映画では」「極右的」、
評価は“両極端”…韓国では「親日映画だ」と批判も




ブロックバスター映画『マイウェイ 12,000キロの真実』
(以下、マイウェイ)に対する日本での評価が両極端に分かれている。

14日の公開を控え、日本でプロモーション中の『マイウェイ』に対して、
反日映画という評価や、極右主義に対する描写が
印象的だという評価など、両極端に分かれている。

韓国では親日映画だと批評され興行に悪影響を及ぼしたのに比べ、
日本人を対象に調査した結果、反日映画という意見が多かったことが分かった。

日本の配給会社と共同配給しているCJエンターテイメントの関係者は
「日本人の観客は韓国と違って、反日映画ではないかという意見が多い。
特に強制徴集の場面では歴史的事実と違うと指摘している」と伝えた。
第2次世界大戦を背景に強制徴集を受けた朝鮮人と
日本軍の暴力による関係などに不快感を示している。

日韓中の微妙な歴史関係や長年の古い感情が、各国の観客に違った評価や
感情を抱かせているため、現地での興行推移に関心が寄せられている。
日本人の観客は強制徴集のシーンで不快感を示した反面、
天皇陛下への忠誠心を強調した日本軍将校の切腹シーンなど、
極右的な表現に好奇な目を向けていることが伝えられた。

韓国内で観客200万人を突破した映画『マイウェイ』は、
14日に日本300カ所の劇場で公開され、3月上旬には中国で公開される予定。
続きを読む

中国政府はメンツ丸つぶれだな。

ブログネタ
ドキュメンタリー映画 に参加中!
南京大虐殺描くチャン・イーモウ監督新作、
「リアリティない」と米国では大不評―SP華字紙




2012年1月8日、シンガポール華字紙・聯合早報は、
チャン・イーモウ監督の新作映画「ザ・フラワーズ・オブウォー(金陵十三釵)」が
米メディアに酷評されていると報じた。

南京大虐殺をテーマとした同作は2011年末の公開。
大ヒットを記録し、興行収入4億5000万元(約55億8000円)で、
中国映画としては2011年最大のヒットとなった。
第84回アカデミー賞を狙い、2011年末には米国の一部都市で上映されているが、
3月からは全米で公開される予定だ。

中国メディアの絶賛と対照的なのが米メディアでの不評だ。
12月の南京で足を露わにしたチャイナドレスをまとう女性に代表的だが、
誇張表現が多くリアリティが感じられないというのが主な批判点だ。

映画評論家として知られるコロンビア大学のエマニュエル・レヴィー教授は
「本当の生活から生み出されたアイディアではなく、
チャン・イーモウ監督が作り出しただけのもの。
バランスに欠けている。チャン・イーモウ監督のワースト作品だ」と酷評した。
(翻訳・編集/KT)続きを読む

中国共産党に配慮したというわけか。

ブログネタ
中国の社会ニュース に参加中!
【中国ブログ】中国有名歌手が日本を罵倒「それは愛国主義でない」



中国の有名歌手である韓紅氏が12月29日、張芸謀(チャン・イーモウ)監督の
南京映画「ザ・フラワーズ・オブ・ウォー(金陵十三釵)」を見た感想を自身の
マイクロブログ(中国版ツイッター)でつぶやいたことが問題になっている。
韓紅氏は日本人を口汚く罵(ののし)り、それに対して
ユーザーが賛否両論の意見を書き込んだのだ。
中国人ブロガーの「胡志平」さんは「韓紅氏の行動は本当に
愛国主義と言えるのか」というテーマで自身のブログにつづっている。

韓紅氏はマイクロブログで「日本人を永遠の敵とする」、
「日本製品は今後一切使用しない」と誓ったものの、責任を負えなくなったのか
すぐに削除し、「映画の批評はしない。
ただ中国人として日本人が中国人を侮辱するのを見て怒っている」と書き直した。

筆者はこれに対して「怒って彼らを罵ってどうなる」と問いかけ、
「それは何の役にもたたない」と答えた。
中国人は怒ると「すぐに汚い言葉を吐き、馬鹿なことをしてしまう。
これは中国と中国人の品格を損(そこ)なうだけ」と非難し、
むしろ「言葉を少なくし、行動によって証明しよう。人を罵らずに、自分を磨こう。
それこそ知恵のあること」と述べた。

さらに筆者は、愛国主義とは国家・国民が少なくとも顧みるべき規範であると述べ、
それは「見栄(みえ)のうえに築かれるべきものではない」と述べる。
愛国主義は必要であり、日本軍の侵略の歴史を忘れることはできないと
自身の気持ちをつづりつつも、「愛国主義には理性が求められる」と強調。

さらに「手を振り上げ、汚く罵るのは決して愛国主義ではない」とし、
本当の愛国主義とは国民1人ひとりが道徳や民度を高め、なすべき仕事を
きちんと行なうことでさらに国家を強めるというものだと述べた。
続けて、国家や民衆が富むことによって、中国人は自尊心を保つことができ、
もし中国人が派手に相手を罵ったとしても、日本は何一つ害を受けないと指摘、
「日本のような国こそ強国なのだ」と称賛した。
続きを読む

アメリカでは人気あるんだねこの映画。

ブログネタ
この映画ってどうよ? に参加中!
反日映画?クリスチャン・ベイル、南京事件を描いた
主演作について「人間を描いた映画」と擁護のコメント



チャン・イーモウ監督の最新作『ザ・フラワーズ・オブ・ウォー
(英題) / The Flowers of War』で主演を務めたクリスチャン・ベイルが、
この映画が反日的であると指摘が出ていることについて、
映画は政治ではなく人間を描いたものと擁護のコメントをしている。

本作は、作家ゲリン・ヤンの小説を原作にした作品で、
日中戦争時の1937年に起きた南京事件を背景に、旧日本軍から
中国の女学生や娼婦たちをかくまい助けたアメリカ人神父との交流を描いている。
南京事件は、旧日本軍が中国の一般市民や投降兵らを虐殺したとされる事件だが、
その内容についてはさまざまな議論があり、中国と日本の間でしばしば
政治問題としても取り上げられる、両国にとって敏感な問題。
イーモウ監督のこの映画も、中国国粋主義的で反日的であるという指摘が出ていた。
そんななか、神父役を演じたクリスチャンは、
政治ではなく人間を描いた作品として本作を擁護。
英BBCのインタビューに答え、「危機に直面したときの、
人間の性質を表現した映画だ。
人々は野蛮な行動に走るが、同時に、素晴らしく
高潔な行動をとることもできるんだ」と語った。

本作は、第84回アカデミー賞外国語映画賞の中国代表作品に選出されているほか、
北米での配給も決定している。(竹内エミコ)続きを読む

共産党による検閲が始まるな。

ブログネタ
中国の社会ニュース に参加中!
中国、娯楽番組の放送制限 視聴率競争も禁止



【北京共同】中国国家ラジオ・映画・テレビ総局は26日までに、
国内の各衛星テレビが放送できる娯楽番組の数などを来年から制限し、
視聴率による番組のランキングを禁止する通知を出した。

「過度の娯楽化と低俗化を防ぐ」のが目的で、通知は各衛星テレビに
「中華民族の伝統的な美徳を発揚する」番組を放送するよう要求。
中国共産党の6中総会が採択した「文化体制改革の深化」に
関する決定を受けた措置とみられる。続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ