赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

拒否権

言ってることは正しいがお前が言うなと思う。

ブログネタ
中国の社会ニュース に参加中!
中国メディア論説「世界はわが国の拒否権発動に慣れるべきだ」、
「西側諸国は中国を攻撃し、ばかにしてきた」などの批判も




- 中国メディア論説「世界はわが国の拒否権発動に慣れるべきだ」 -

北京日報はこのほど、「世界は中国の拒否権発動に
慣れるべきだ」と主張する論説を発表した。
国連安全保障理事会の対シリア決議案で拒否権を発動した中国とロシアに対する批判が
高まったことに対して、「中国は西側と異なる政治の伝統と
文化の遺伝子を持っている」などとして、自国の拒否権発動は「当然のこと」と主張した。
同論説は中国新聞社なども転載した。


論説は、シリア問題で中国とロシアが拒否権を発動したことに
西側諸国が不快感を示したことは「自らの利益に直接触れるからで自然なことだ。
大声で悪口を言うことも、理解できる」と論じた上で
「中国は、他人の要求で自らの出方を決めるのではない。
中国には中国の利益があり、自らの考えがある」と主張した。


国際的な舞台における発言や投票については「当然ながら、自らが主体だ。
西側諸国は、これまでずっと自らの考えで行動してきた。中国も同じだ。
賛成であれ放棄であれ、反対であれ、中国は自ら選ぶ権利がある」と論じた。


「自分自身の国益を守る『最低ライン』を設けている点で、
中国と西側諸国は同じ」と主張。
その上で「異なる点は、中国は自国民の利益を堅持すつつ、
世界各国人民の共通利益を結合させる。
各国人民が発展の道を自主的に選ぶ権利を尊重しつづけている」と論じた。


西側諸国については、「長期にわたり中国を攻撃し、ばかにしてきた。
その一方で、特に自国の利益が影響を
受ける場合には、(中国に対する)批判のトーンを、異常なまでに高める」と批判した。


論説は「今日の中国は、世界政治の舞台の中央に復帰した」と主張。
中国に対する期待と要求が日増しに高まっているが、
中国は「自らが長期にわたって堅持してきた原則にそむくことはありえない」と主張した。
「どこかの国の利益のために丸め込まれたりすることはない。
まして、覇権主義を支持することはない」などとして、
暗に「米国の言いなりにはならない」とくぎを刺した。


シリア問題については、「押しつけには賛成しない。
また、西側諸国の中で孤立することを恐れない」と主張し、
「世界は、特に米英などの西側列強は、中国の拒否権発動に慣れなければならない」、
「中国は西側と異なる政治の伝統と文化の遺伝子を持っている」と論じた。


国際政治における西側諸国の地位については
「今のところ国際世論を決定する発言力において優勢を保っている。
しかし、『米国という兄貴分の言うとおりにすればよい』といったように、
列強が国際政治を独占する時代はすでに過去のものになった」、
「新しい国際政治の秩序は、まさに調整と変化の最中だ。
中国はするべきことをする」と主張した。(編集担当:如月隼人)

続きを読む

アメリカに一矢報いたロシアと中国えらいぞ。

ブログネタ
海外驚きニュース! に参加中!
対シリア決議案、廃案に 露中が拒否権行使



国連の安全保障理事会は4日、反政府デモへの武力弾圧を続ける
シリアに対する決議案を採決したが、ロシアと中国が拒否権を行使し、廃案となった。

シリアでは、アサド政権による反政府デモへの武力弾圧が激しさを増し、
3日にもホムスで200人以上が死亡するなど、
これまでに5000人以上が犠牲になっている。

安保理では、去年10月にもシリアに対する非難決議案の採択を目指したが、
アサド政権に近いロシアと中国が拒否権を行使し、否決されている。

今回の決議案で、欧米側は当初、アサド政権の事実上の退陣を求めたが、協議は難航。
最終的にはロシア側の主張に譲歩する形で、政権の移行はシリア主導で行うことや、
軍事的制裁の可能性を否定することを明確にした決議案を提示した。
しかし、ロシアと中国はこの決議案にも不満を示し、「反政府グループの暴力も
非難すべき」などとして拒否権を発動、決議案は再び廃案となった。

アメリカ・ライス国連大使は「安保理が目的を果たそうとすることを
阻止し続ける数か国があることに、アメリカは嫌悪感を抱いている」と述べた。

また、ロシア・チュルキン国連大使は「決議案が否決され、良い日ではないが、
そんな日もあるのです」と話している。

シリア情勢が深刻化する中、国際社会の足並みは乱れたままで、
国連安保理はその限界を露呈する形となった。
続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ