赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

小売業

これがアメリカ流の買い物の仕方か。

ブログネタ
くらし便利・知恵・雑学 に参加中!
「Are you redy?」 返品天国 日本では考えられないアメリカの返品率



アメリカで暮らすようになって、自分でも変わったなあと思うのが、
買い物をするとき常に「返せばいいや」という意識を持つようになったことだ。

どちらにしようか決められないと「とりあえず両方買っておいて、あとでひとつ返そう」、
値下がりしていてお得だけれどいまひとつ購入の決定打に欠ける場合でも
「気にいらなければ返せばいいや」、すごく欲しいけれどちょっと高い場合も
「予算オーバーなら返そう」などなど、返品を前提に購入するケースが増えたのだ。

日本の皆さんからすれば信じられないことだろうが、アメリカではこれが当たり前。
なかには値札を切らないまま衣類を数日間着用し、平気で返品する不心得者もいるほど。
実際、私の知り合いに、子どもの記念写真撮影のためにドレスを購入し、
「どうせもう二度と着ることはないから」といって、撮影後に返品に行った人がいた。

このように、アメリカ人のなかでは返品は日常茶飯事なのだが、
リーマンショック以降、米国の小売業における返品率はさらに高くなり、
以来高い数字を保ったままとなっているという。
また、これまではクリスマス・ショッピングに奔走する12月よりも1月のほうが
返品が多かったが、最近ではクリスマス前に返品するケースが増えているという。

返品理由は、「セール価格につられて購入したものの、あとで予算オーバーに気付いた」、
「以前よりも簡単に返品できるようになった」、「購入したものと同じ商品が、
他でもっと安く売られているのを見つけた」など、様々だ。

ちなみに、なぜこれまで1月の返品率が高かったかというと、
クリスマスにもらったギフトを返品する人がいるからだ。
アメリカでは相手がギフトを気に入らなかった場合に備え、
ギフトレシートを添えて渡すことがよくある。
ギフトレシートには商品の金額は記載されていないが、
そのレシートと商品を店に持って行くと、返金や商品の交換に応じてくれるのだ。

消費者はありとあらゆるものを返品するが、なかでも家電の返品率は高く、
家電店とメーカーは返品された商品の修理、再度の梱包、再販などの費用として、
昨年は170億ドルかかったと見られている。
これは4年前と比較すると21%増だ。

小売店は返品率について口をつぐんでいるが、Wal-Martなどから
返品された商品を買い入れ、中小企業やダラーストア
(アメリカ版100円ショップのようなお店)に卸しているLiquidation.comによると、
これらの店舗における返品率は12~15%で、一昨年から昨年にかけて2%増、
好景気時に比べると倍増しているという。

続きを読む

弱いところは買収される運命なのか。

イオンがマルナカを買収 売上高5兆円、小売り最大手に



流通大手のイオンは5日、中国と四国の大手食品スーパー、
マルナカ(高松市)と山陽マルナカ(岡山市)の2社を11月をめどに買収すると発表した。
買収額は計449億円。2社の売上高は合わせて3284億円。

イオンは2012年2月期連結決算の売上高が5兆1700億円になる見通しだと発表。
セブン&アイ・ホールディングス(4兆7800億円)を超えて小売り業界最大手となる。
業界の2強の競争は今後激化しそうだ。続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ