赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

否定

この市長はしっかりと筋を通してるな。

ブログネタ
日中台関係 に参加中!
河村たかし市長「30万人虐殺、考えられない」…
中国の"南京大虐殺否認罪"についてはノーコメント




★南京虐殺否認罪「発言控える」=名古屋市長

・名古屋市の河村たかし市長は13日の記者会見で、南京事件を否定する自身の発言を
受け中国国内で「南京大虐殺否認罪」制定を呼び掛ける動きがあるとの現地報道に
「発言は控えさせていただきたい」と述べた。

その上で、市長は南京事件について「30万人(が虐殺された)という
数字は考えられない」と述べ、発言は撤回しない考えを改めて示した。続きを読む

中国っていつまでこんなことしてるんだよ。

ブログネタ
日中台関係 に参加中!
中国、「南京大虐殺否定」発言者を処罰する「南京大虐殺否認罪」制定を提案



「南京大虐殺否認罪」制定を=全人代に提案-中国

【北京時事】河村たかし名古屋市長による南京事件(1937年)否定発言を受け、
北京で開会中の中国全国人民代表大会(全人代)に対して国家に
「南京大虐殺否認罪」制定を呼び掛ける提案が出された。
国内最大の夕刊紙・揚子晩報(江蘇省南京市)電子版が10日伝えた。

提案したのは、全人代代表を務める鄒建平・南京芸術学院教授。
江蘇省の代表36人も提案に賛成し、署名したという。

鄒教授は同紙の取材に「(立法を通じて)われわれは河村を代表とする一部の
日本右翼分子に対する強烈な威嚇を行わなければならない」と訴えた。 
続きを読む

なぜアンジャッシュのをパクったんだ。他のもあっただろ。

ブログネタ
テレビに関するあれこれ に参加中!
「偶然の一致」…アンジャッシュのコント盗作を中国側が否定



国営中国中央テレビが1月22日の春節(旧正月)に放送した人気番組
「春節聯歓晩会(しゅんせつれんかんばんかい)」で、日本のお笑いコンビ、
アンジャッシュのコントの盗作疑惑が浮上したことについて、
原作者が「偶然の一致」と反論した。

四川省の地元紙「成都商報」が31日付で報じた。
コント「面接試験」原作の姜力琳氏は、この作品がオリジナルだと主張。

「日本のコントと似ていると言われるが、偶然の一致。
協力者と一緒に昨春に作って、けいこの度に修正している」と話した。

この番組は日本の紅白歌合戦に相当し、中国全土で毎年7億人が視聴するといわれる。

面接をテーマにしたコントがアンジャッシュの作品と酷似しているとして、
インターネット上で盗作疑惑が広がっていた。
続きを読む

これは日本のゲーム業界に疑問を投げかけているな。

ブログネタ
任天堂 に参加中!
任天堂が「スマホ型商法」導入否定 赤字転落でも方針変わらず



アイテム課金を導入するという報道が出た任天堂が、その内容を否定した。
2012年3月期決算で初の赤字転落となる見込みだと発表したが、
企業としての基本方針は変わらないようだ。

2011年10月28日、都内で同社の決算説明会が行われた。
その中で、岩田聡社長がアイテム課金について言及し、
「任天堂、3DSに『アイテム課金型ソフト』来年中に投入」(産経)といった報道が出た。
「ニンテンドーeショップ」に課金システム導入するが……

アイテム課金とは、ゲーム内で武器や道具などを購入する際に、お金を取るという仕組み。
グリーやモバゲーなど、SNSの提供するソーシャルゲームに多いシステムで、
両社ともアイテム課金で得た収入が収益の大きな柱となっている。

任天堂サイトに掲載された、28日の説明会の岩田社長発言録によると、
携帯ゲーム機「3DS」からネット経由でゲームソフトなどを購入できる
「ニンテンドーeショップ」が11月末にアップデートされ、
アイテムや追加コンテンツを購入できるシステムが実装される。

しかし、任天堂がアイテム課金に踏み切るかというと、そうではないようだ。
30日に任天堂が企業サイトで、「一部に、『任天堂がソーシャルゲームのような
アイテム課金型ゲームを投入予定』との報道がございましたが、
これは、事実ではございません」と報道内容を否定した。
詳細明らかになるのはソフトが発表されてから

そもそも、任天堂はアイテム課金に対して否定的だった。
7月末の決算説明会で岩田社長は、アイテム課金システム導入は、
ソフトメーカーに対して「柔軟な選択肢」を用意するためだと説明。
一方で、ソフトの作り手としての任天堂のポリシーは別の問題だとしていた。

任天堂の価値観では、「数字のパラメーターだけを触って、何かの鍵を開けるとか、
何かがものすごく有利になるとかという形で課金する」ことは、
「クリエイティブの労力に対する対価ではない全然別の構造」だとする。
短期的には収益は上がるかもしれないが、顧客との長期的な関係は築けないとし、
自社のコンテンツでは「すべきではない」としている。

一方で、ゲームで全て遊び終わった顧客に対し、追加ステージを販売することは
考えているとし、追加コンテンツの販売には前向きな姿勢を見せている。

任天堂の課金システム対応ソフトは2012年にも
発売される見通しだが、細かいところは依然不明だ。
任天堂広報は「具体的にソフトが出てくれば明らかになりますが、
今言えるのは岩田社長が話していることだけです」としている。
続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ