赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

反対

さて、この反原発運動はどうなることやら。

ブログネタ
.気になったニュース30 に参加中!
各地で反原発集会、人間の鎖で国会議事堂を囲む



11日、都内や福島県内では原発反対を訴える集会やデモが相次いで行われた。

東京・日比谷公園で行われた集会では、約3万人が黙とうした後、
音楽家の坂本龍一氏が「リスキーな方法で電気を作る必要はない」と
自然エネルギーの活用を呼び掛けた。

また、原発の再稼働反対を訴える団体の1万人超が日比谷周辺を行進した後、
国会議事堂を“人間の鎖”で取り囲み、「脱原発社会を作るぞ」と気勢を上げた。

福島県郡山市の野球場でも集会に1万人超が参加。作家の大江健三郎さんが
「原発に大事故が起これば、私たちは将来の人間から、
人間らしい生活の場を奪うことになる」と訴えた。

東京電力本店(東京都千代田区)では、
管理職以上の社員約150人が午後2時46分に黙とうをささげた。
その後、西沢俊夫社長が福島第一原発からテレビモニターで、
「今なお皆様に甚大なご迷惑をおかけしている」と謝罪した。
続きを読む

海の向こうの出来事だからどうでもいい。

ブログネタ
海外ニュース4 に参加中!
【話題】 従軍慰安婦碑  米国で韓国人が36%の地域で反対の声消される



ソウルの日本大使館前に反日団体によって「従軍慰安婦の碑」が
建立されるという暴挙に、韓国人の苛烈さを見て取った日本人も多いだろう。
だが、ソウルだけではなかった。

彼らは韓国内だけでなく、アメリカでも同様の碑を建てていた。
日本人を貶める反日運動は、より戦略的に全世界で展開されようとしているのだ。
ジャーナリストの水間政憲氏が報告する。

ソウルの日本大使館前で慰安婦碑の除幕式があった昨年12月14日、
地球の裏側ではある告知記事が配信された。
米国ニュージャージー州北部のローカルニュースを中心に扱うサイト
「North-jersey.com」に掲載されたその告知は、ニュージャージー州
パラセイズ・パーク市の図書館で2名の元慰安婦が行なう演説の案内であった。
そこでは、

〈この2人の女性は韓国系アメリカ人の有識者評議会によって、
アメリカ合衆国に招かれた人達で、(中略)日本軍による性奴隷として
奉仕させられた数千人のアジアの女性と共に「捕虜収容所」に於いて、
囚われの身で過ごしたのです〉

と、紹介されていた。さらに、パラセイズ・パーク図書館責任司書の
スティーブ・カバルロ氏の「彼女たちはこのことを広く知ってもらい、
このようなことが再び起きないよう、やって来ました」というメッセージも掲載されていた。
捏造歴史認識は、ますますエスカレートしている。
「慰安所」が「捕虜収容所」にすり替えられているのである。

しかし一体なぜ、訪れた先がニュージャージー州
パラセイズ・パーク市の図書館だったのか。
実は、そこに「日本軍従軍慰安婦の碑」(キリム碑)が設置されているのだ。

「キリム碑建立運動」は、韓国人有権者センター(KAVC)の主導で、
2009年から始まったが、当時、同市住民は、
特定民族の「追悼碑」を建てることに強く反対した。

だが、街の人口約1万7000人に対し、韓国人が36%を占めるという、
全米で最も韓国人が居住している地域でその反対の声はかき消された。

在米韓国人のロビー活動が奏功し、パラセイズ・パーク市長や
市議会の判断によって2010年10月23日に碑は建立された。
因みに同碑をデザインしたのは前出の同図書館責任司書カバルロ氏である。

続きを読む

米自動車業界は日本を恐れているのか。

ブログネタ
アメリカでのビジネス に参加中!
日本の「軽」は廃止を―米ビッグスリーTPP参加に反対



米国の自動車大手3社(ビッグスリー)は、日本の自動車市場は閉鎖的だと指摘し、
日本の太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に「現時点では反対」と表明した。
米通称代表部(USTR)が業界団体に対して意見を公募したことを受け、
ビッグスリーで組織する米自動車政策会議(AAPC)が意見書を提出した。

AAPCは参入障壁となっている日本独自の軽自動車規格について、
市場の3割を占めているものの合理的な政策ではないと批判した。
日本の技術基準や認証制度などの規制も
外国車の参入を阻んでいて、「廃止すべきだ」と求めた。
また、1990年代後半からの日本政府の円安誘導政策も、
米国車に不利と指摘し、日本の交渉参加に反対意見を表明した。

一方、日本の自動車工業界は、自動車輸入関税が
1978年からゼロとなっており、特別な規制はないと主張している。

米国は今年11月に大統領選挙を控える。
ビッグスリーの政治影響力は強く、早ければ今月から始まるとされる
日米の事前協議で、自動車分野は交渉の大きなヤマとなりそうだ。続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ