ブログネタ
.気になったニュース39 に参加中!
交通事故死、全国ワースト1が決定



ワースト1の推移
北海道は、年間交通事故死者数が1975~1985年までの11年連続、
1992年~2004年までの13年連続で全国ワースト1となっていた。
ワースト2以下になっていた2005年~2009年にも毎年200人以上の
交通事故死者が出ており、2010年にはまたワースト1となっていた。

そんな北海道を同じく、ワースト1で名前がよく挙がるのが愛知県だ。
愛知県は、年間交通事故死者数が2005年~2009年まで
5年連続で全国ワースト1となっていた。
ようやく2010年にワースト1を脱却したのだが、2011年はまたワースト1となりつつある。
北海道VS愛知県
北海道は、混雑度は最も低く、速度超過などをしやすい道路がある。
この道路での死亡事故が多く、ワースト1の常連になっていた。
しかし、12月24日現在の交通事故死亡者数は188人となっており、
200人を割り込む可能性が高くなっている。
もしも交通事故死亡者数が200人を割れば62年ぶりの快挙だ。

その一方で、12月27日現在の愛知県の
2011年の交通事故死亡者数は221人となっている。
この人数は、前年の同じ時期と比べると29人も増えている。
2010年はワースト5にも入らなかった愛知県に何が起こっているのだろうか?

愛知県では、65歳以上の交通事故死亡者数が約半数を占めている。
このほかシートベルトを着用していれば助かったであろう人も21人いるとみられている。
こうしたことを受けて、11月に愛知県警は非常事態宣言を出している。

もちろん、このようなことは愛知県だけにみられることではないだろうが、
ワースト1である愛知県はもちろんのこと、そうでない都道府県すべてで気をつけて、
全国の交通事故死亡者数を0にしていきたいものだ。
続きを読む