【中国ブログ】宮崎駿アニメを中国人が分析「女性の視点で父権社会を批判」



日本の代表的アニメとも言える「宮崎駿作品」について、中国人ブロガー
「チュジュワン」さんが「宮崎駿作品に見る女性主義」という観点で分析している。

ブロガーは「宮崎駿は女性至上主義者。
ほとんどの作品の主人公は女性か少女で、彼女たちは希望や善良さ、
力や美しさなどの象徴として描かれている。
ヒール役の女性も、強い権力者として描かれている」と説明。

「『風の谷のナウシカ』から『崖の上のポニョ』に至るまで、
女性の主人公たちは女性らしさと男性らしさの両面を兼ね備えている。
女性らしい柔和さと同時に、危機的場面では男性らしい力強さを発揮する。
宮崎駿は、女性の視点で父権社会を批判しているのだ」と分析した。

その上で「風の谷のナウシカ」、「千と千尋の神隠し」、
「もののけ姫」の3作品についてさらに分析を行った。
「ナウシカは結末で神格化され、いわば女権主義を最高の形で体現させる。

千尋は平凡な少女として描かれるものの、
ストーリーが進むにつれて無限の潜在能力を発揮させる。
男性である川の神・ハクを助け、女性の潜在能力の大きさを表現した。
もののけ姫では女権と男権の闘争は続いていくのだという含みがあった」。

文末では、ブロガーは「宮崎駿作品は女性を決して弱いものと描かず、
女性の地位を肯定している」と結論付けていた。続きを読む