赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

ロシア

ある意味すごい奴だな。プーチンは。

ブログネタ
ヨーロッパ に参加中!
ロシア大統領選:プーチン氏が当選



【モスクワ大前仁】ロシア大統領選挙は4日夜(日本時間5日深夜)、投票が締め切られた。
出口調査の結果、ウラジーミル・プーチン首相(59)が約58%を獲得し、
他の4候補を引き離し当選を決めた。
08年以来4年ぶりの復帰で、第4代大統領となる。
ロシア大統領経験者の返り咲きは初めてで、08年の憲法条項改正で、
任期は4年から6年に伸ばされた。5月7日に就任式を迎える。

ロシアでは昨年12月の下院選での不正疑惑を発端にした抗議運動が広がったが、
最有力候補のプーチン氏が批判を抑えて逃げ切った格好だ。

プーチン氏は08年5月に大統領を退任した後も、
後継のメドベージェフ大統領(46)から首相に指名されて、
2人で統治する「双頭体制」を敷いてきた。
大統領復帰後はメドベージェフ氏を首相に起用する方針で、
成長と安定に重点を置いた政策を継続する。
続きを読む

言ってることは正しいがお前が言うなと思う。

ブログネタ
中国の社会ニュース に参加中!
中国メディア論説「世界はわが国の拒否権発動に慣れるべきだ」、
「西側諸国は中国を攻撃し、ばかにしてきた」などの批判も




- 中国メディア論説「世界はわが国の拒否権発動に慣れるべきだ」 -

北京日報はこのほど、「世界は中国の拒否権発動に
慣れるべきだ」と主張する論説を発表した。
国連安全保障理事会の対シリア決議案で拒否権を発動した中国とロシアに対する批判が
高まったことに対して、「中国は西側と異なる政治の伝統と
文化の遺伝子を持っている」などとして、自国の拒否権発動は「当然のこと」と主張した。
同論説は中国新聞社なども転載した。


論説は、シリア問題で中国とロシアが拒否権を発動したことに
西側諸国が不快感を示したことは「自らの利益に直接触れるからで自然なことだ。
大声で悪口を言うことも、理解できる」と論じた上で
「中国は、他人の要求で自らの出方を決めるのではない。
中国には中国の利益があり、自らの考えがある」と主張した。


国際的な舞台における発言や投票については「当然ながら、自らが主体だ。
西側諸国は、これまでずっと自らの考えで行動してきた。中国も同じだ。
賛成であれ放棄であれ、反対であれ、中国は自ら選ぶ権利がある」と論じた。


「自分自身の国益を守る『最低ライン』を設けている点で、
中国と西側諸国は同じ」と主張。
その上で「異なる点は、中国は自国民の利益を堅持すつつ、
世界各国人民の共通利益を結合させる。
各国人民が発展の道を自主的に選ぶ権利を尊重しつづけている」と論じた。


西側諸国については、「長期にわたり中国を攻撃し、ばかにしてきた。
その一方で、特に自国の利益が影響を
受ける場合には、(中国に対する)批判のトーンを、異常なまでに高める」と批判した。


論説は「今日の中国は、世界政治の舞台の中央に復帰した」と主張。
中国に対する期待と要求が日増しに高まっているが、
中国は「自らが長期にわたって堅持してきた原則にそむくことはありえない」と主張した。
「どこかの国の利益のために丸め込まれたりすることはない。
まして、覇権主義を支持することはない」などとして、
暗に「米国の言いなりにはならない」とくぎを刺した。


シリア問題については、「押しつけには賛成しない。
また、西側諸国の中で孤立することを恐れない」と主張し、
「世界は、特に米英などの西側列強は、中国の拒否権発動に慣れなければならない」、
「中国は西側と異なる政治の伝統と文化の遺伝子を持っている」と論じた。


国際政治における西側諸国の地位については
「今のところ国際世論を決定する発言力において優勢を保っている。
しかし、『米国という兄貴分の言うとおりにすればよい』といったように、
列強が国際政治を独占する時代はすでに過去のものになった」、
「新しい国際政治の秩序は、まさに調整と変化の最中だ。
中国はするべきことをする」と主張した。(編集担当:如月隼人)

続きを読む

この女子アナ殺されなければいいが。

ブログネタ
海外驚きニュース! に参加中!
【国際】「プーチン(首相)を埋葬すべきでしょうか」
女子アナ言い間違い→有権者から喝采 - ロシア




「ウラジーミル・プーチン(首相)を埋葬すべきでしょうか」。
ロシア・クラスノヤルスクのテレビ局女性キャスターが、モスクワの赤の広場の
「レーニン廟(びょう)」に遺体が永久保存されている革命家レーニンに関する
ニュースで「プーチン」と言い間違え、ネット上で大騒ぎになっている。

このキャスターはマリア・ブフトゥエワさん。先月27日の生放送で、3月の大統領選に
立候補している新興財閥総帥プロホロフ氏が「過去と決別し、レーニンの遺体を
埋葬しなければならない」と主張したことをめぐるニュースで口が滑った。

レーニンもプーチン氏も名前が「ウラジーミル」だったのが原因のようだ。
この発言は、プーチン氏が選挙で大統領に復帰するのを嫌う有権者から喝采を浴び、
マリアさんの交流サイトには「ありがとう」「結婚して」などとコメントが殺到した。
続きを読む

アメリカに一矢報いたロシアと中国えらいぞ。

ブログネタ
海外驚きニュース! に参加中!
対シリア決議案、廃案に 露中が拒否権行使



国連の安全保障理事会は4日、反政府デモへの武力弾圧を続ける
シリアに対する決議案を採決したが、ロシアと中国が拒否権を行使し、廃案となった。

シリアでは、アサド政権による反政府デモへの武力弾圧が激しさを増し、
3日にもホムスで200人以上が死亡するなど、
これまでに5000人以上が犠牲になっている。

安保理では、去年10月にもシリアに対する非難決議案の採択を目指したが、
アサド政権に近いロシアと中国が拒否権を行使し、否決されている。

今回の決議案で、欧米側は当初、アサド政権の事実上の退陣を求めたが、協議は難航。
最終的にはロシア側の主張に譲歩する形で、政権の移行はシリア主導で行うことや、
軍事的制裁の可能性を否定することを明確にした決議案を提示した。
しかし、ロシアと中国はこの決議案にも不満を示し、「反政府グループの暴力も
非難すべき」などとして拒否権を発動、決議案は再び廃案となった。

アメリカ・ライス国連大使は「安保理が目的を果たそうとすることを
阻止し続ける数か国があることに、アメリカは嫌悪感を抱いている」と述べた。

また、ロシア・チュルキン国連大使は「決議案が否決され、良い日ではないが、
そんな日もあるのです」と話している。

シリア情勢が深刻化する中、国際社会の足並みは乱れたままで、
国連安保理はその限界を露呈する形となった。
続きを読む

ロシアは南北朝鮮と手を組んでいる。

ブログネタ
海外の呆れたニュース に参加中!
北方領土に北朝鮮労働者 約20人滞在、6月から



【ウラジオストク共同】北方領土で進められている
ロシアのインフラ整備事業に6月から北朝鮮労働者が雇用され、
13日現在で約20人が北方領土に滞在していることが分かった。
雇用主のロシア極東サハリン州の建設会社
「リゴデザイン」の幹部が共同通信に明らかにした。
日本政府は北方領土での外国人労働者の雇用は
「ロシアの管轄権を認めることになる」として容認できないとの立場だ。続きを読む

米軍形無しだな。

ブログネタ
海外驚きニュース! に参加中!
【国際】 "最新のステルス技術が中露に流出する可能性が
" イラン軍に撃墜された米無人偵察機、中露がイランに調査依頼




【テヘラン=五十嵐弘一】イランのメヘル通信は7日、軍関係者の話として、
同国領空内で撃墜されたと報じられた米国の無人偵察機について、
ロシアと中国が機体の調査をイランに申し出ていると伝えた。

イランが許可すれば、レーダーに捕捉されにくい
最新のステルス技術が中露に流出する可能性がある。

アフガニスタンに駐留する国際治安支援部隊(ISAF)は4日、
撃墜されたと報じられたのは、
アフガン西部で飛行中に不明となった米偵察機かもしれないとする声明を出した。
続きを読む

ロシアは一体どうなるのか。

ブログネタ
海外驚きニュース! に参加中!
プーチン首相の退陣要求デモ続く、取り締まりに警官5万人動員



[モスクワ6日ロイター]ロシアのプーチン首相の退陣を
求めるデモが6日、前日に続いて首都モスクワで行われ、
治安当局は警官約5万人を動員して取り締まりに当たった。

反プーチン集会は、首相率いる与党「統一ロシア」が
大幅に議席を減らした下院選を受けてスタート。
同選挙をめぐっては、欧州の監視団が開票操作が行われたと発表するなど、
不正行為の報告が相次いでおり、自由な選挙を求める市民らがデモに加わった。

初日の5日は約5000人を集めて近年で
最大規模の抗議デモとなり、この日も数百人が参加。
これに対し治安当局は、警官約5万人のほか、
特殊部隊約2000人を配備して取り締まりを行い、無許可の集会を
開こうとしたなどとして、モスクワ中心部で約250人を拘束した。

集会現場では、デモ隊が「プーチンなきロシアを」「自由な選挙を」などと叫ぶ中、
プーチン派の若者数百人もドラムをたたくなどして妨害を図り、小規模な衝突も起きた。

<野党指導者が一時拘束>

デモを呼び掛けた野党指導者で元第1副首相のネムツォフ氏はロイターに対し、
警察当局に一時拘束されたと明かした。
また、反政権ブロガーのアレクセイ・ナワルニー氏ら2人は、
5日のデモに関与したとして15日間勾留されることになった。

デモの主催者は、交流サイト(SNS)のツイッターやフェイスブックなどを利用して
反プーチン集会への参加を促した。
これまで、ほとんどデモに参加したことがないという
モスクワ在住のミハイル・トルポフさんは、「彼らから受けた仕打ちを考えると、
黙ってはいられず、今日ここに来た」と話した。

モスクワでの大規模デモ発生を受け、米共和党の
ジョン・マケイン上院議員はツイッターで、「アラブの春が
あなたの近くに迫ろうとしている」とプーチン首相へのメッセージを書き込んだ。
ただ、ロシアの専門家の多くは、政権崩壊が相次いだアラブの春のような事態に
プーチン首相が直面しないとの見方を示している。
続きを読む

完全に舐められてるなロシア。

ブログネタ
中国の社会ニュース に参加中!
中国でロシアを見下す風潮広がる、
プーチン首相訪中の手土産もイマイチ―米メディア




2011年10月17日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカの中国語版ウェブサイトは
「プーチン訪中の成果は期待通りではなかった」と題した記事を掲載した。
新華網が伝えた。以下はその内容。

ロシアのプーチン首相が次の10年も引き続き同国を統治する意向を発表してから、
最初の外遊先に中国を選んだ。
中国は今やドイツに代わり、ロシア最大の貿易パートナー。
今年1~8月の貿易総額は前年同期比43.7%増の
508億ドル(約3兆9000億円)に達した。
両国はこれを2020年までに2000億ドル
(約15兆3000億円)に拡大させることで合意している。

今回の訪中では両国関係を「最も重要な二国間関係」にすることが最大の目的だった。
ところが、2日間の滞在で得た最大の成果は中国が15億ドルを投じて
シベリアにアルミ精錬所を建設するプロジェクト。
この惨憺たる結果を受け、ロシアは急に心配になった。

中国との関係が米国とカナダのようになるのではないかと。
カナダのように石油、天然ガス、鉱物資源、木材などを供給する
便利な存在になり下がるわけにはいかない。

だが、実は中国にとってロシアは5番目の石油供給国にすぎない。
ロシアは16年間も中国と天然ガスの価格交渉に明け暮れてきたが、
中国はその間、中央アジアのトルクメニスタンから輸送するパイプラインを敷設していた。

ロシアの植民地だった同国は毎年600億立方メートルを中国に供給する。
これはちょうどロシアが中国と協議していた量とほぼ同じだ。
中国はとっくにロシアだけをあてにすることを止めていたのである。

最近、中国人の間でロシアに対する優越感が広がっている。
日本と米国は嫌いだが、それでも学ぶべきところはある。
だが、ロシアからは何も学ぶところはないと見下す風潮が広がりつつあるようだ。
プーチン首相は今後10年の戦略を練るにあたり、
「中国の急速な発展」が大きな試練になると明言している。

続きを読む

この男は死ぬまでやる気だな。

ブログネタ
海外驚きニュース! に参加中!
プーチン氏大統領選出馬へ メドベージェフ氏が首相に



【モスクワ共同】ロシアのプーチン首相(58)は24日、自身が率いる党大会演説で、
来年3月に予定されている大統領選に自身が立候補すると表明した。
プーチン首相は大統領退任後も政権の最高実力者とみられてきた。

出馬すれば勝利し、4年ぶりの大統領復帰は確実だ。
プーチン氏は大統領復帰の際、メドベージェフ大統領(46)を首相にする考えを示し、
同氏も引き受けると言明した。続きを読む

ただの挑発だな。

ロシア艦艇が宗谷海峡通過 4隻、オホーツク海へ



防衛省は9日、ロシア海軍のフリゲート艦など艦艇計4隻が北海道・宗谷海峡の
公海上を日本海からオホーツク海に向け通過したと発表した。
4隻がまとまって同海峡を航行するのは異例。

このほか約20隻も宗谷海峡に向けて日本海を航行した。
艦艇はオホーツク海で射撃などの訓練を実施するとみられる。
公海上を航行しているため、国際法上の問題はない。続きを読む

金総書記のロシア訪問に「案外まとまりそうだな」

金総書記のロシア訪問間近か 韓国情報機関が説明



【ソウル共同】聯合ニュースによると、韓国の国家情報院は19日、国会情報委員会の
非公開会合で、北朝鮮の金正日総書記のロシア訪問が間近に迫っていると明らかにした。
出席議員が韓国記者団に説明したという。

金総書記の訪ロが実現すれば、プーチン大統領(当時)と
会談した02年8月以来、約9年ぶり。
金総書記は6月にウラジオストク郊外でメドベージェフ大統領と会談の予定だったが、
北朝鮮側の申し入れで中止された。続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ