赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

レストラン

これがカルチャーショックだ。

ブログネタ
近畿地方・東海地方の旅 に参加中!
【米国ブログ】大阪の新世界「日本の中で異文化を感じた」



米国のブログ「shaun-nihon.blogspo」では、
日本に留学中の米国人女性が大阪を旅行し、感想をつづっている。

大阪の天王寺区にある新世界を訪ねた筆者は、
不思議な雰囲気に圧倒されたと心境を語っている。
筆者は、大阪を旅行するなら天王寺に行くことに決めていたという。
天王寺に同名の寺があると思って行ったが、存在しなかったのでがっかりした様子。
天王寺公園や動物園を散策しているうちに、新世界に迷い込んだという。

筆者は、日本でこれまでに感じたことのない危険な雰囲気を新世界に感じたという。
至る所でレストランに誘い込もうとする人々が立っており、
昼食を食べる店を決めかねて歩いていると、いきなり注意を引こうと
腕をつかまれたとショックを受けた様子で語っている。

ようやく大阪名物といわれる「串カツ」の店に決めて入った筆者、
串カツのおいしさに舌鼓を打ったと感想を記している。
しかし、串カツの店頭に立つ大きな串カツのマスコットには圧倒されたようで、
「ソースの二重取りは禁止」と叫ぶ姿を見て驚いたと記している。

昼食後、筆者は通天閣にある幸運の神として知られる
「ビリケンさん」を見に行ったとつづっている。
ビリケンさんはほかの仏像とは顔が違い、
日本人風の顔ではなかったと印象を語っている。
ビリケンさんの足を掻いてあげるとご利益が
あるとされているので実行してみたという筆者。
日本にはそういった迷信があるのが興味深いとつづっている。

新世界を散策して、混乱と違和感があったが、日本の中でもさまざまな文化が
あることを体験できてよかったと締めくくっている。(編集担当:田島波留・山口幸治)続きを読む

相当辛かったんだね。

「激辛カレー」で2人病院送りに、カレーイベント主催の店に怒りの声も。



英国のあるレストランが先日、店自慢の激辛カレーを
提供するチャリティーイベントを開催した。
参加したのは、辛いモノに自信のある20人。

ところが、その辛さは参加者の想像をはるかに超え、
2人が病院に搬送される騒ぎになったそうだ。

このイベントを開催したのは、スコットランド地方エジンバラにある
インド・バングラデシュ料理店の「キスモット」。
英放送局BBCによると、スコットランドの子どもたちを対象とする
慈善活動の資金を集めるため、
同店は「カレーキングコンテスト」なるイベントを実施した。

その内容は、店が誇る名物カレー
「キスモット・キラー」にどれほど耐えられるかを競うもの。
会場には当日、我こそはと激辛好きの男女20人が集まったという。

「キスモット・キラー」は、「現在スコットランドで最も辛いカレー」
(公式サイトより)と同店が謳う激辛カレー。
「スプーン9杯分」(英紙デイリー・テレグラフより)を混ぜているという唐辛子は、
「ギネスブックによると世界一辛い」ものを使用している。

それほどのカレーとあって、普段から店では「1人で食べ切ったら無料」といった
チャレンジ料理になっており、見事に完食した人には証明書を発行。
ただし、このカレーを食べた後、体調に何らかの異変が起きたとしても
「店は一切責任を負わない」と予め断りを入れている。続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ