赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

メディア

日本は鉱物大国だね。

ブログネタ
日中台関係 に参加中!
日本が海底からのレアメタル採取に成功、中国も大きな注目



独立行政法人・海洋研究開発機構の研究グループはこのほど、
沖縄県沖の水深1000メートルの海底に人工的に開けた熱水の噴出孔から
希少金属(レアメタル)を豊富に含んだ鉱物資源の採取に成功したことを明らかにした。
日本近海の海底に堆積している多くの鉱物資源の回収が可能となることが期待される。
同ニュースは中国でも注目を集め、新華社をはじめとする各メディアが報じた。

海洋研究開発機構の研究グループは2010年9月、深海探査船を用いて、
沖縄本島から北西150キロの中部沖縄トラフの水深1000メートルに存在する
深海底熱水活動域で、直径50センチ、
深さ45メートルの人工熱水噴出孔を4カ所作った。

噴出孔からは熱水が湧き出ており、
付近にはマグマに含まれる鉱物資源が堆積していた。
ある噴出孔では16カ月間で堆積物が11メートルに達したが、
自然界でこれほどの高さの堆積物を作り出すには数十年から数千年もかかるという。

研究グループは無人探査機を使用し、堆積物を採取・分析した結果、
堆積物には閃亜鉛鉱、方鉛鉱、ウルツ鉱、
黄銅鉱などの鉱物資源が含まれていることが分かった。

研究グループによれば、海底下の熱水だまりを掘削し、
人工熱水噴出孔を作り出すことによって、
極めて低いコストで鉱物資源の回収が実現可能だ。
(編集担当:及川源十郎)続きを読む

俺も政治手腕は好きだが国政に出るべきではない。

ブログネタ
政治・選挙3 に参加中!
橋下バブルに踊る懲りない“シロアリ”たちを
国民はよーく凝視した方がいいと日刊ゲンダイ




★橋下バブルに踊る懲りない“シロアリ”たち
<あの竹中平蔵まで虎視眈々>

こりゃあ、橋下特需だ。表舞台から完全に消えていたメンメンが、
「橋下ブレーン」を名乗るだけで、やたらとスポットライトを浴びている。
その筆頭が、大阪市の特別顧問に就いた
中田宏・前横浜市長(47)と山田宏・前杉並区長(54)だ。

テレビの報道番組に出まくり、新聞や雑誌のインタビューを受けたりと引っ張りダコ。
現職市長として地元・大阪で多忙の橋下に代わって、在京メディアで「船中八策」を
解説して回り、「新しい政治基盤をつくるために働きたい」と鼻息が荒い。
(中略)
橋下特需で仕事が増えているのは「維新政治塾」で
講師を務めるという東国原英夫・前宮崎県知事(54)も同じ。

ネット証券4社合同で3月に開催する講演会で「どげんかせんといかん」
というお題で話をするが、講演会全体のテーマは「激動する世界を見すえた資産運用」。
どげんして、この男が呼ばれたのか?橋下に群がる“シロアリ”はゾロゾロ出てくる。

小泉政権で閣僚も務めた竹中平蔵・慶大教授(60)と、
経営コンサルタントの大前研一氏(69)も関係をアピールしている。
「竹中氏も大前氏も、以前から橋下市長が教えを請う間柄です。

橋下さんはああ見えて、目上の人への対応は謙虚で丁寧。
竹中氏は『大都市の競争力強化は国の経済力を高める』と言って応援していますし、
大前氏は『独裁者・橋下徹を肯定する』という論文を書いた。

2人とも政界では昔の名前になりつつありますが、橋下氏にくっついて
再登板を狙っているのでしょう」(事情通)橋下との仲を触れ回って、
東京・大阪・名古屋の3都構想を訴える大村秀章・愛知県知事(51)もシロアリだ。

一県知事が上京したって通常は全く注目されないのに、
橋下との仲介役ぶっているから「石原都知事と会談した」とか
「亀井静香に会った」とニュースになる。

だが、過去から這い出たシロアリたちが、どれほどのものなのか。
国民はよーく凝視した方がいい。

続きを読む

ソニーよ。俺は巻き返せると信じている。

ブログネタ
韓国関連のニュース に参加中!
コラム】ソニーはなぜサムスンに負けたのか?…中国メディアが分析



ソニーの会長兼最高経営責任者(CEO)であるハワード・ストリンガー氏は、
もともとソニーを最良の時代へと導く存在として見られていた。
しかし現状で判断する限り、決してそうなってはいない。
2011年のソニーのテレビ事業は連続8年の赤字であり、
ストリンガー氏のCEO就任以来、ソニーの市場価値は半分近く下落した。
現在の時価はたったの250億ドルで、サムスンの4分の1だ。

中国網日本語版(チャイナネット)は5日付で、
「ソニーはなぜサムスンに負けたか」と題する記事を掲載した。
以下は同記事より。

経営資源が異なるため、初期のサムスンとソニーの争いに
おいて両者の戦略はまったく異なるものだった。
ソニーは一貫して技術力でスタンダードな製品を作り出すことに強みがあった。
人材の創造性を伸ばすことに注力し、イノベーティブな製品を作るのが基本理念だった。
一方サムスンは、限られた技術力と開発能力のなか、
相手先ブランドによる生産(OEM)をするだけの会社だった。

サムスンは研究開発費の規模ではソニーにとうてい及ばなかった。
しかし同社は他国あるいは他社から積極的に技術を導入した。
自主開発をするようになったのはこの15年のことである。
はたから見ると「技術のソニー」は技術で成功し、技術におぼれた。
研究開発費に大量の資源を投入するとき、
それがただちに収益を上げる結果を伴うわけではない。
また、企業内部でも研究開発に過度に期待するようになってしまっていた。

デジタル時代の到来が、ソニーとサムスンの競争モデルの優劣を逆転させた。
競争の激化と製品価格の急速な下落に対応するため、
ソニーは新製品とサービスの拡張に休むことなく突っ走った。
そのような戦略のもと、ソニーの事業は多角化し、娯楽産業にも進出することになった。

ライバルであるサムスンが採った戦略は、市場と消費者のニーズの
変化をすばやくとらえ、適応することだった。
スピードが最大のポイントと考えたのである。
このようなコンセプトによって、サムスンの製品は
すばやく大胆でイノベーティブであるというイメージが醸成された。
これは中国市場でサムスンが消費者に与えている印象でもある。

ソニーがフラットパネルテレビへの投資を躊躇(ちゅうちょ)しているあいだに、
サムスンはスピードを重視し内製技術も高めた。
当時ソニーのCEOだった出井伸之氏は、フラットパネルに関しては、
さらに良い技術を開発してからでも遅くないと信じていた。

結果から言えば、ソニーは時代の変換期において判断ミスを犯した。
そして少なくない代価を払うことになった。
2003年になってやっとソニーはサムスンと合資で液晶パネル工場を作ったのだった。
しかしすでに遅かった。
2011年、ソニーはグローバル事業を「コンシューマー向け製品と
サービスグループ」と「事業向け設備のソリューショングループ」の2つに分けた。
この2つの組織は、ソニーが「アップル社のモデルで
アップル社に挑戦」しようとするものだと言われている。

「ソニーはもはやイノベーション・カンパニーではない」という声はこれまで
何度も聞かれてきたが、現在の状況を見る限り、転換期にあってもソニーの
強烈な技術力には光るものがあるし、
映画や音楽を使用する製品ではいまだ優位にある。
さらにクールな新製品を開発できるかどうかは、ソニーが若い消費者を
どれだけ引きつけられるかにかかっているだろう。

続きを読む

確かにこれは正しい指摘だな。

ブログネタ
マスコミ に参加中!
″オリンパス問題″スクープ記者が激白「日本のメディアは取材力が弱っている」



精密機器メーカーのオリンパスが長年にわたる巨額の損失隠しを行っていた問題は、
日本の大手メディアの弱腰な報道姿勢も浮き彫りにした――。
2011年11月25日のニコニコ生放送では、雑誌『FACTA』でオリンパスの不正を
スクープしたジャーナリスト山口義正氏や、経済評論家の山崎元氏、
経済ジャーナリストの町田徹氏を招き、
「オリンパス損失隠し問題の真相」について議論した。
山口氏は、オリンパスの事件報道に消極的だった
日本のメディアについて「取材力が弱ってしまっている」と苦言を呈した。

事件発覚の発端は、ことし7月に発売された総合情報誌『FACTA』にある。
同誌にオリンパスの不正に関するスクープ記事を山口氏が書き、
その記事を読んだ当時のウッドフォード社長が不当なM&A(企業合併・買収)が
行われていた事実を指摘し、損失隠しが発覚した。
しかし当時、この問題について大手メディアは全く報道せず。
10月14日にウッドフォード氏が社長兼CEO(最高経営責任者)から解任され、
英ファイナンシャルタイムズ紙など海外で取り上げられてから、
海外メディアの引用という形でようやく日本の大手メディアも報道するようになった。

日本の大手メディアはなぜ報道しなかったのか。
山口氏は、オリンパスの不正をどの媒体で書くか検討した際、
『FACTA』と『現代ビジネス』以前に1、2社に企画を持っていったが、通らなかったそうだ。
また、山口氏は『FACTA』の編集長に「こういう問題はたくさんの
メディアで追いかけていかないと、結局悪いことをした人物を
取り逃してしまう恐れがあるから、いろいろなメディアで書くべきだ」と言われ、
記事を書いた後5つの大手週刊誌などに企画を持ち込んだが、すべて無視されたという。
大手メディアが今回の事件報道に弱腰であった原因について山口氏は、
「お上がきちんと動いてオーソライズされていない(認められていない)事件について、
メディアは書こうとしない」

と、日本の大手メディアは国家権力が言っていることを
そのまま書く「客観報道主義」に偏りがちだという見方を示す。
そして、自分の足を運び真実を究明して書く「調査報道」が、
「日本ではもともと弱かったにも関わらず、インターネットに広告も読者も取られ、
ますます正義を貫く姿勢が弱くなっているという問題を感じたか?」という
町田氏の質問にうなづきながら、さらに、
「取材力そのものが弱ってしまっている。公権力の発表を待たないと何も書けない」

と、これまで多くのメディアから情報交換という名の事実上の"情報提供"を
求められたことを告白し、日本メディアの取材力が弱くなっていることを指摘した。
続きを読む

原発ので頂点に達したからな。

ブログネタ
ニュースひとりごと に参加中!
「東京のマスコミは…」 震災後、被災地にはTV局や大手新聞など
いわゆる「中央メディア」への不信感が募っていた




東日本大震災で4000人近い死者・行方不明者を出した宮城県石巻市にある地域紙
「石巻日日新聞」の記者たちに、毎日放送制作のドキュメンタリー番組「情熱大陸」が密着。
震災から半年を迎える9月11日午後11時から、番組初の「生中継」を交えながら彼らの
半年間の闘いを伝える。

「石巻日日新聞」は宮城県石巻市にある社員28人の小さな地域紙。2011年3月11日、
東日本大震災の発生と同時に6人の記者は一斉に現場に飛び出した。その直後の津波。
印刷室は浸水し、新聞社の「命」である輪転機が止まった--。

新聞が発行できないという存亡の危機に直面した時、
彼らは「電気が無くてもペンと紙さえあれば伝えられる」と手書きの壁新聞を決意する。

津波で家を失い、家族の安否も分からない中で壮絶な取材を続けた
彼らが作った「6枚の壁新聞」は被災者の重要な情報源となり、
「ジャーナリズムの原点」として海外でも高く評価されることに。
米国の新聞博物館で壁新聞が永久保存されることになり、
『石巻日日新聞』の知名度は飛躍的に高まった。

だが、記者たちの日常に変わりはない。大手メディアとは違って彼らに異動は無く、
今後もずっと地域に密着していくのだ。
続きを読む

やっぱ中国は非情なんだね。

ブログネタ
中国の社会ニュース に参加中!
道徳崩壊の女児ひき逃げ放置事件、世界の主要メディアも報道



広東省で13日に発生した2才の女児が車にひき逃げされ、
事故の一部始終を目撃した18人が見て見ぬふりをした事故が
中国で波紋を広げているが、世界の主要メディアも大きく報じている。
環球時報(電子版)が19日付で報じた。

英紙インディペンデントは、今回の事件は中国人に驚きと恥辱を与えたと報道。
人びとのあいだでは、「中国はすでに道徳的指針を失ってしまったのか、
激しい議論が交わされている」と伝えた。

米CNNは、見て見ぬふりという冷酷な態度に、多くの人が憤(いきどお)ると同時に、
女児を助けた女性の行動に希望の光を見出していると報道。
「この清掃員は良識に従って行動したが、
多くの人びとがすでに良識を失ってしまった」と伝えた。

また、ロイター通信は、多くの中国人が他人を助けないのは、
自分が加害者とされかねないためだと分析したほか、
CNNは「近年の中国では事故などの被害者を
助けるべきか否かの議論がされているのは、
事故の被害に遭遇した一部の老人が、高額な医療費をねん出するために、
助けてくれた人を加害者として法廷で訴えるということがあったため」と報じた。

そのほか、米タイム紙は、「中国政府の関連部門が過去に、老人が倒れていても、
すぐには助けないように、と国民に忠告していた」と紹介し、
この提案の結果が非常にはっきり表れていると伝えた。
また、米ウォール・ストリート・ジャーナルは、中国には
「勇気を持って正しい行動をする」ことを支持する法律が欠如しており、
他人を助ける親切な人を保護することができないと分析している。続きを読む

何の理由もなく処刑するとはひどいぜ。

北朝鮮で同性愛者は公開死刑、「資本主義に染まった罪」=韓国



北朝鮮向けラジオ放送の自由北朝鮮放送によると、
北朝鮮では同性愛者として摘発される場合、死刑が下されることが分かった。
韓国メディアが相次いで報じ、注目が集まっている。

自由北朝鮮放送は28日、北朝鮮当局が同性愛を
「風紀紊乱罪(社会風俗と道徳を乱す罪)」ではなく、
「資本主義思想に染まった罪」として公開処刑することを明らかにした。

同放送によると、北朝鮮の咸鏡北道・清津市で先日、
在日同胞の女性同性愛者らが摘発されて公開処刑となった。
北朝鮮当局は、公開処刑した理由について「女性らは家に集まり、
淫らな行為をした」として「日本から習ってきた腐った資本主義思想に染まって、
風紀紊乱行為をした」ためとしている。

韓国のネット上では「処刑された在日同胞は、
北朝鮮によって拉致されたのか」「同性愛=資本主義思想に染まった罪!
罪名がすごい」などといった北朝鮮への非難が殺到している。続きを読む

既存マスコミに「情報に振り回されるなよ」

「既存マスゴミには何の価値もないことの証明」



近年のメディアにみられる、不思議なまでの韓流押しや偏向報道。
特に、大手メディアフジテレビについてはこの傾向が強いとして、
今月(2011年8月)7日・21日の両日同局の
お膝元でもあるお台場で抗議デモが行われました。

これを受けて実施された「フジテレビ周辺のデモに8,000人効果あったと思う?」
と題したlivedoorネットリサーチには1,553件の回答が寄せられ、
「あったと思う」と回答した方が76%、「なかったと思う」と
回答した方が24%という結果になりました。
続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ