赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

フェイスブック

このストーカーはある意味すごい奴だな。

ブログネタ
信じられないニュース に参加中!
【社会】海を越えたストーカー…米国男、女性待ち伏せ



6年前に米国で知り合った神戸市内の女性会社員(27)を待ち伏せするなどしたとして、
兵庫県警葺合署などは14日、米国籍の自称大学院生
・ビタリー・オレゴビッチ・プラダン容疑者(26)をストーカー規制法違反容疑で逮捕した。

発表によると、プラダン容疑者は日本滞在中の2月13~22日、
インターネットの会員制交流サイト「フェイスブック」を利用して、
性に「会いたい」「連絡がほしい」などとメッセージを3回送信。
女性から相談を受けた同署が警告したのに、3月13日午後6時40分頃、
女性の勤務先の近くで待ち伏せした疑い。
警戒中の同署員が見つけた。

プラダン容疑者は「メッセージは送ったが、
待ち伏せはしていない」と容疑を一部否認しているという。

プラダン容疑者は約6年前、当時米国に留学していた女性と知り合い、
女性の帰国後も、同サイトで度々メッセージを送っていた。
2月10日に来日し、大阪市西成区内のビジネスホテルに宿泊していたという。
続きを読む

これじゃ秘密結社の意味ねえじゃん。

ブログネタ
海外驚きニュース! に参加中!
「秘密結社」フリーメイソンがベール脱ぐ情報発信し、フェイスブックで会員集め



世界最古の友愛団体「フリーメイソン」が、
インターネットを駆使して会員獲得に乗り出しているようだ。

「秘密結社」「神秘主義」で語られることの多いこの団体が、
最近ではSNSの「フェイスブック」まで活用。
団体の姿や魅力を、一般の若者へアピールする。
ワシントンやベンジャミン・フランクリンも会員だった

英国を起源にして世界中に広がるフリーメイソンだが、具体像はあまり知られていない。
団体が掲げる道徳的な教えの下、会員は理想の姿を目指して
互いに親睦を深めながら活動する、とされている。
「教え」といっても特別な内容ではない。

宗教団体とは一線を画し、単純な互助会や慈善集団とも異なる。
会員を統括する「ロッジ」という組織が各国に存在し、
各ロッジが独自に会員を管理、運営している。
総本部や、「教祖」のような立場のリーダーもいないようだ。

具体的な活動に関する情報が少なく、何ともつかみどころがない。
そのため、社会や政治の舞台で「陰謀論」の主役としてその名が登場することもある。
だが、フリーメイソンは会員同士で宗教的、
政治的な目的をもった活動をしないと公言している。

時には「秘密結社」と表現されるフリーメイソンが、そのベールを脱ぎ始めたと伝えたのは、
2011年10月11日付の米ウォールストリートジャーナル(WSJ)紙(電子版)だ。
その理由は会員の減少としている。
「消滅するか公開するか」の選択に迫られたフリーメイソンは、
自ら情報を発信して神秘的な存在からの脱却を目指す道を進んでいるという。

最も顕著なのが、ネットの活用だ。
複数のフリーメイソン組織が独自にウェブサイトを開設しているほか、
フェイスブック上にも「フリーメイソン」という英語のページがある。

運営者は米国の組織の1つとみられ、設立年や沿革といった基本情報や、
米国初代大統領のジョージ・ワシントンや
ベンジャミン・フランクリンも会員だったと書いている。
会員数は世界で500万人、そのうち米国は200万人弱で、英国が約48万人となっている。

ページの運営側による書き込み内容は多様だ。
フリーメイソンの教義を端的に説明したり、
イスラム教の断食月にはイスラム圏の会員を励ましたりしている。
最近では「スティーブ・ジョブス氏のご冥福をお祈りします」と、
2011年10月5日に亡くなった米アップル創業者を悼む投稿もあった。

続きを読む

海外へ行く際はくれぐれもご用心を。

食い物にされる日本人女性被害急増国際結婚詐欺の卑劣手口



<フェイスブックも悪用されている>

米カリフォルニア州の砂漠で小川文子さん(当時41)が遺体となって見つかった事件。
地元警察から事情を聴かれているアメリカ人の夫は、
出会い系サイトで知り合った複数の日本人女性に結婚話を持ちかけ、
カネをだまし取っていたことも分かっている。

近ごろは外国人オトコが日本人女性を“食い物”にするケースが急増中だ。
例えば、在マレーシア日本大使館はHPでこう注意喚起している。

「最近、日本人女性から『インターネットで英国人などと称する男性と知り合い、
電話やメールで現金をマレーシア国内の口座に送金するよう懇願されて、
振り込んでしまった』などの詐欺被害に関する相談が多く寄せられています」

世界中のペテン男が、日本のオンナを狙っているのである。
ネット犯罪に詳しいジャーナリストの井上トシユキ氏がその手口をこう解説する。

「出会い系サイトなどで女性と知り合うと、メールやライブカメラを使った
チャットで密に連絡を取り合い、信頼関係を深めていきます。
男性の動く姿を見た女性は信じやすいのです。

そのうち『結婚したい』とささやき、『会いに行きたいが、渡航費用がないので貸してほしい』
『君のために日本語学校に通いたいから学費を貸してくれ』などと言ってくる。
振り込め詐欺のような手口も増えていて、『事故を起こしてしまって補償金が必要だが、
こっちは夜なのですぐにお金を用意できない。

日本は昼だから送金してくれないか』などと持ちかける。
近ごろは出会い系サイトでなくても、
フェイスブックのようなSNSを使って、気軽に声をかけてくる。
結婚詐欺の敷居は下がっているのです」

 ネット上では、「フェイスブックで結婚詐欺に遭った」と被害を訴える声がゾロゾロ。
娘の行動には要注意だ。

続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ