赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

テレビ

そんなんでそらちゃんを出演禁止にするのか。

ブログネタ
中国の社会ニュース に参加中!
中国当局が蒼井そらのテレビ出演禁止か―香港メディア



2012年4月16日、香港メディアによると、中国進出によって大成功を収めている
日本のセクシータレント・蒼井そらが、テレビ番組の低俗化防止などの理由で
中国当局から中国本土でのテレビ出演を禁じられることになるという。
中国中央電視台サイトが伝えた。

蒼井そらは中国で絶大な人気を誇っている。
イベント1回の出演料は100万元(約1300万円)とも言われ、
中国での初主演ショートフィルム「第二夢」も先ごろ撮影を終え、
先月には発表会も開催した。

また、このほど蒼井そらが中国の高級茶「龍井茶」の
イメージキャラクターに採用されるとの噂が広まり、メディアも大きく報道。
ネット上で行われたアンケートでは大部分が蒼井そらの採用に
疑問符をつけるなど、大きな反響を呼んだ。
これについては、彼女自身が中国の公式マイクロブログで噂を否定して
ようやく騒ぎが収まるなど、まさに時の人となっている。

一方、中国国家ラジオ・映画・テレビ総局の責任者はこのほど、
テレビ番組の過度の娯楽化や低俗化を防止するため、ネット上などで
低俗なイメージで話題の人物やスキャンダル絡みの芸能人などについては
中国本土でのテレビ出演を認めないと発言。
メディア関係者は「蒼井そらもこの中に含まれ、中国本土での
テレビ出演が禁止されるだろう」と話している。(翻訳・編集/HA)続きを読む

日立よ頑張れ。

ブログネタ
テレビに関するあれこれ に参加中!
日立がテレビの自社生産を終了―価格競争の影響で



日立製作所は23日、テレビの自社生産を今年9月末までに終了し、
海外メーカーなどに生産をすべて委託することを正式発表した。
ただし、委託先からテレビの供給は受け、
自社ブランド「Wooo」の製品企画や販売は続ける。

同社の発表によると、これまで生産を担ってきたグループ企業の日立情映テックが
岐阜県美濃加茂市の工場で行うテレビ生産は2012年度上期中に終了する。
今後、生産は台湾などのメーカーに委託する方針だが、
企画開発は進め、委託生産の製品を「Wooo」として販売する。

日立の薄型テレビ事業は、厳しい価格競争などの影響から、
2005年度から6年連続で赤字となっていた。
07年度後半から09年度にかけては固定費削減をはじめ海外事業の縮小、
外部調達の拡大などで巻き返しを図ったものの、11年度も赤字が継続したとみられる。
今回の自社生産取りやめで事業体制を変更し、早期の黒字化を目指す。

なお、岐阜工場は液晶プロジェクターなどテレビ以外の製品を
受託生産することで存続させ、従業員およそ250人の雇用は維持する。

テレビ事業をめぐっては、地上テレビ放送のデジタル化に伴う買い替えの
需要が落ち着き、厳しい円高も影響して国内メーカーは苦戦を強いられている。続きを読む

サムスン電子はどこまでいけるのやら。

サムスン電子、日本のテレビ市場再進出へ



サムスン電子は、日本のテレビ市場から撤退して6年ぶりに再進出を検討している。
3日付日本経済新聞によると、サムスン電子は最近、ヤマダ電機、
ヨドバシカメラなど日本の家電量販店と会い、サムスンのテレビを
日本国内で販売することについて協議したという。

サムスン電子は今年、日本市場の調査を行った上で、2013年から画質が鮮明な
有機ELディスプレー(OLED)テレビなど
最先端の高価格製品で本格販売に乗り出すという。
これについて、サムスン電子は「事実かどうかは明らかにできない」と話している。

サムスン電子にとって、日本のテレビ市場は必ず成功を収めなければならない場所だ。
日本では年間2000万台前後のテレビが売れる。
中国(4600万台)、米国(4200万台)に次ぐ世界3位の市場だ。
市場規模は韓国に比べ10倍大きい。

世界のテレビ市場で首位を走るサムスン電子は、
2002年に日本市場で液晶テレビを発売した。
しかし、07年に市場シェア0.3%と惨敗して撤退した。
日本の消費者は「家電製品は国産が最高」という考えを持っており、
外国製品に対し排他的だということが知られている。
サムスンだけでなく、LG電子も日本市場で同様に失敗を経験し、09年初めに撤退した。

サムスン電子は、日本市場に再挑戦する力を十分に備えたと判断している。
背景にはサムスンのスマートフォン「ギャラクシー」シリーズを
2年前に日本で発売した自信感がある。
携帯電話市場はテレビ並みに競争が激しいが、
サムスン製品は販売首位を争うほどの成果を上げた。
こうした人気ぶりをテレビの販売につなげる戦略だ。

LG電子が10年末に日本のテレビ市場に再進出し、
一定の成果を上げたことも追い風だ。
LG電子は3D(三次元)テレビ市場を積極的に攻略し、
昨年第1四半期のシェアゼロから第3四半期には2.3%まで浮上した。

さらに、ソニー、パナソニック、シャープなど日本のテレビメーカーが没落し、
日本の内需市場にすき間が生まれたこともある。
例えば、ソニーはテレビ部門で8年連続赤字を記録し、総額5600億円の損失を出した。

サムスン電子は、次世代製品の50型級
OLEDテレビを日本進出の目玉に据えるとみられる。
OLEDはバックライトがなくても自ら発光することができ、明るく鮮明なことが強みだ。
ディスプレー部分の薄さは5ミリ以下で、液晶テレビの3分の1にすぎない。
続きを読む

さすがにこれはどうかと思う。

ブログネタ
韓流スター に参加中!
【韓国BBS】日本のテレビは韓流ドラマばかり「毎日6時間も!?」



韓国の掲示板サイト「イルベドットコム」では、筆者が日本のテレビで
放映中されている韓国ドラマなどの番組の一覧表を取り上げ、その感想を述べた。
一覧表では、地上波では4つの放送局が6作品を、
衛星放送では7つの放送局が29作品を放映中であると記されている。
それに対し、さまざまな意見が寄せられた。続きを読む

共産党による検閲が始まるな。

ブログネタ
中国の社会ニュース に参加中!
中国、娯楽番組の放送制限 視聴率競争も禁止



【北京共同】中国国家ラジオ・映画・テレビ総局は26日までに、
国内の各衛星テレビが放送できる娯楽番組の数などを来年から制限し、
視聴率による番組のランキングを禁止する通知を出した。

「過度の娯楽化と低俗化を防ぐ」のが目的で、通知は各衛星テレビに
「中華民族の伝統的な美徳を発揚する」番組を放送するよう要求。
中国共産党の6中総会が採択した「文化体制改革の深化」に
関する決定を受けた措置とみられる。続きを読む

本当に逃げたらもう終わりだ。

カダフィ大佐、国外逃亡を否定 「心理戦」と主張



【トリポリ共同】リビアの最高指導者だったカダフィ大佐は8日、
シリアのテレビ局アッライへの電話で「われわれは祖先の土地から離れない」と述べ、
自らが隣国ニジェールなど国外に逃亡する可能性をあらためて否定した。

カダフィ大佐がニジェールやチャドに逃れようとしているなどとする情報について、
反カダフィ派が「うそ」によって「心理戦」を仕掛けていると主張。
「われわれの士気を下げようとしている」と述べた。続きを読む

がんばれオバマ、俺は応援してるぞ。

オバマ氏の支持率最低 経済政策に厳しい評価



【ワシントン共同】6日付の米紙ワシントン・ポストが発表した
ABCテレビとの合同世論調査によると、オバマ大統領の支持率は
1カ月前の調査から1ポイント下がり、就任後最低の43%となった。

不支持率は逆に7ポイント急上昇して53%と最高を記録した。
思うように改善しない雇用情勢などを背景に、
経済政策を評価しない人が62%に達したことが響いた。
経済は来年の米大統領選で最大の争点になる見込み。

続きを読む

TV消せば節電報告に「マスコミが流すわけないだろ」

黙殺された野村総研の“TV消せばエアコンの1.7倍節電”報告



「こまめに電灯を消そう」「エアコンの設定温度を28度に」――テレビのワイドショーでは、
様々な節電方法が連日紹介されている。
その一方で、黙殺され続けている一番効果的な節電方法がある。

それはズバリ「テレビを消すこと」だ。

興味深いデータがある。
野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』なるレポート。
注目したいのは「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」という試算だ。

これによれば、エアコン1台を止めることで
期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130ワット。
一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなる。

単純に比較しても、テレビを消す節電効果は、エアコンの約1.7倍にもなるということだ。

この夏、エアコンを使わずに熱中症で亡くなる人が続出している。
にもかかわらず「テレビを消す」という選択肢を
国民に知らせないテレビ局は社会の公器といえるのか。

自分たちにとって「不都合な真実」を隠しつつ、
今日もテレビはつまらない番組を垂れ流し続けている。
続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ