赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

ソニー

ソニーよ。俺は巻き返せると信じている。

ブログネタ
韓国関連のニュース に参加中!
コラム】ソニーはなぜサムスンに負けたのか?…中国メディアが分析



ソニーの会長兼最高経営責任者(CEO)であるハワード・ストリンガー氏は、
もともとソニーを最良の時代へと導く存在として見られていた。
しかし現状で判断する限り、決してそうなってはいない。
2011年のソニーのテレビ事業は連続8年の赤字であり、
ストリンガー氏のCEO就任以来、ソニーの市場価値は半分近く下落した。
現在の時価はたったの250億ドルで、サムスンの4分の1だ。

中国網日本語版(チャイナネット)は5日付で、
「ソニーはなぜサムスンに負けたか」と題する記事を掲載した。
以下は同記事より。

経営資源が異なるため、初期のサムスンとソニーの争いに
おいて両者の戦略はまったく異なるものだった。
ソニーは一貫して技術力でスタンダードな製品を作り出すことに強みがあった。
人材の創造性を伸ばすことに注力し、イノベーティブな製品を作るのが基本理念だった。
一方サムスンは、限られた技術力と開発能力のなか、
相手先ブランドによる生産(OEM)をするだけの会社だった。

サムスンは研究開発費の規模ではソニーにとうてい及ばなかった。
しかし同社は他国あるいは他社から積極的に技術を導入した。
自主開発をするようになったのはこの15年のことである。
はたから見ると「技術のソニー」は技術で成功し、技術におぼれた。
研究開発費に大量の資源を投入するとき、
それがただちに収益を上げる結果を伴うわけではない。
また、企業内部でも研究開発に過度に期待するようになってしまっていた。

デジタル時代の到来が、ソニーとサムスンの競争モデルの優劣を逆転させた。
競争の激化と製品価格の急速な下落に対応するため、
ソニーは新製品とサービスの拡張に休むことなく突っ走った。
そのような戦略のもと、ソニーの事業は多角化し、娯楽産業にも進出することになった。

ライバルであるサムスンが採った戦略は、市場と消費者のニーズの
変化をすばやくとらえ、適応することだった。
スピードが最大のポイントと考えたのである。
このようなコンセプトによって、サムスンの製品は
すばやく大胆でイノベーティブであるというイメージが醸成された。
これは中国市場でサムスンが消費者に与えている印象でもある。

ソニーがフラットパネルテレビへの投資を躊躇(ちゅうちょ)しているあいだに、
サムスンはスピードを重視し内製技術も高めた。
当時ソニーのCEOだった出井伸之氏は、フラットパネルに関しては、
さらに良い技術を開発してからでも遅くないと信じていた。

結果から言えば、ソニーは時代の変換期において判断ミスを犯した。
そして少なくない代価を払うことになった。
2003年になってやっとソニーはサムスンと合資で液晶パネル工場を作ったのだった。
しかしすでに遅かった。
2011年、ソニーはグローバル事業を「コンシューマー向け製品と
サービスグループ」と「事業向け設備のソリューショングループ」の2つに分けた。
この2つの組織は、ソニーが「アップル社のモデルで
アップル社に挑戦」しようとするものだと言われている。

「ソニーはもはやイノベーション・カンパニーではない」という声はこれまで
何度も聞かれてきたが、現在の状況を見る限り、転換期にあってもソニーの
強烈な技術力には光るものがあるし、
映画や音楽を使用する製品ではいまだ優位にある。
さらにクールな新製品を開発できるかどうかは、ソニーが若い消費者を
どれだけ引きつけられるかにかかっているだろう。

続きを読む

イギリス暴動に「日本のフジデモとは規模が違うな」

英暴動各地に拡大、ソニー被害 3百人逮捕、首相帰国へ



【ロンドン共同】ロンドン北部トットナムで6日夜から7日未明にかけて起きた暴動に続き、
英国第2の都市、中部バーミンガムや同リバプールなどで8日、
若者らが商店の略奪や放火を行い暴徒化した。
警察はロンドンで225人、バーミンガムで約100人を逮捕。
キャメロン首相は外国での休暇を切り上げ、帰国することを決めた。
ロンドン北部のソニーの現地法人倉庫では9日未明に火災が発生。
倉庫に暴徒が侵入したという。続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ