赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

スイス

このスピーチはまったくもってその通りだな。

ブログネタ
ヨーロッパ に参加中!
渡辺謙「再生可能エネルギーに大きくかじを切らなければ
子どもたちに未来を手渡すことはできない」…ダボス会議でスピーチ



スイスのシンクタンク、世界経済フォーラム(WEF)の
42回目の年次総会(ダボス会議)が25日、東部ダボスで開幕した。
主要議題の一つ、東日本大震災について、俳優の渡辺謙(52)が
会合で英語のスピーチを行い、「絆」の大切さを強調した。

会合後に記者会見した渡辺は「被災地では人間として
何をするべきかという観点で活動を始めた」と説明。
ダボス会議では「被災地の、日本のありさまを世界に
発信したかった」と会合に参加した意義を強調した。

渡辺はスピーチで「行き場を失った人々に残ったのは、
人が人を救い、支え、寄り添う『絆』という文化だった」と聴衆に語りかけた。
また、東京電力福島第1原発事故にも言及。
「再生可能エネルギーに大きくかじを切らなければ子どもたちに
未来を手渡すことはできない」と述べ、人間が最後まで
コントロールできないエネルギーからの脱却を訴えた。
渡辺は昨年4月から被災地22カ所で被災者約3000人と面会した。

26日には菅直人前首相が震災時の対応などについて報告する。
29日までの期間中、約250の会合が予定され、約40カ国の首脳を含め政財界、
文化人ら2600人以上が議論。
日本の俳優、芸能人としてダボス会議でスピーチするのは初めてという。
同会議には、過去にエイズ撲滅やアフリカ支援に積極的な
アイルランドのロックバンド「U2」のボーカリスト、ボノらが参加したことがある。
初日の会合はほかに、欧州の財政危機や世界的な安全保障、
エネルギー、食料の問題などがテーマ。(共同)
続きを読む

自殺ツーリズムに「黒幕は一体だれだ」

安楽死のための旅“自殺ツーリズム”という現実



おいしい空気、のどかな風景──アルプスの山々に囲まれたスイスに、
こうしたイメージを持っている方も多いと思います。
事実、観光立国としてのスイスは非常に人気が高く、ジュネーブや
チューリッヒなどの都市部やマッターホルン、モンブランなどの山間の町を
避暑地に選ぶ海外からの旅行者は、年間約840万人(2008年度)に上ります。

では、“Suicide tourism”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
直訳すると「自殺ツーリズム」。なかなか穏やかでありませんね。

実はスイスでは安楽死などの自殺幇助が法的に認められています。
つまり“Suicide tourism”とは、外国人が安楽死の場を求めて
スイスにやってくる社会現象のことを指します。
安楽死を目的としてチューリッヒを訪れる人は年間約200人に上ります。

現在、安楽死に関して世界でもっとも進歩的とされるスイスを始め、
米国オレゴン州・ワシントン州、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクなどの
欧米諸国では安楽死が容認されていますが、自国を訪れる外国人にも
同等の権利を与えているのはスイスだけです。

もちろん実施には医師の厳しい審査があります。
ただ、末期がんなどの不治の病や、耐えがたい苦痛を伴い回復を見こめない
慢性疾患患者などは、患者本人と家族、医師が熟慮した上であれば、
自殺幇助を受けられることになっています。

こうした制度について、スイス国内にも反対する声が無いわけではありません。
実際、今年5月には、チューリッヒで自殺幇助の是非を巡って住民投票が行われました。
が、結果は現状維持派の圧勝。
自殺幇助禁止への反対票に85%、“Suicide tourism”の禁止に
78%の反対票が投じられ、いずれも否決されました。
「最期をいかに迎えるかは、自分自身に選ぶ権利がある」という
市民の意識が証明されたことになります。

1941年から安楽死が認められているスイスでは、
こうした意識が国民に深く根づいています。
死に場所に自国を選ぶ旅行者を不名誉だと感じるスイス人も少なくはありませんが、
今回の住民投票の結果を鑑みるに、当面この制度が廃止されることはなさそうです。

言わずもがな、日本における安楽死幇助は
刑法上「殺人罪」の対象となる犯罪行為です。
ただ、是非はともかく、高齢化が加速する日本でも
安楽死幇助を認めるよう、制度導入を求める声が高まる可能性はあるでしょう。
スイスの事例は、僕らにとっても決して他人事ではないかもしれないのです。

続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ