ブログネタ
中国の社会問題 に参加中!
【中国ブログ】日本の大学生はなぜカンニングをしない?



中国人ブロガー「紫涵公主」さんは、「日本の大学生はなぜ
カンニングをしないのか」というタイトルでブログを書いている。
実際は日本でもカンニングは多かれ少なかれあるはずだが、
それでも中国ほど蔓延はしていないのであろう。
ブロガーは日本の大学には「カンニングが存在しない」という前提で理由を分析している。

ブロガーは、日本に留学した中国人留学生の話として
「日本の大学では基本的にカンニングは皆無らしい」と説明。
道徳観念のレベルの差にも見えるが、
制度的な違いによる部分も大きいのではないかと指摘している。

ブロガーは「日本の大学の試験では、辞書やノート、
電卓なども持ち込み可能な上、採点も自己採点で自己申告」と紹介。
そして、学生がカンニングをしない理由は、1回のテストだけで成績が
左右されるわけではないことと、「不正がバレが場合のリスクが大きいこと」を上げている。

さらに「不正が見つかると単位を落とすだけでなく、
“不誠実”と判断されて職探しにも影響する」と解説。
さすがに就職活動にまでは影響しないと思われるが、
ブロガーのイメージではそれぐらい「日本はカンニングに厳しい」ということなのだろう。

実際、ブロガーの友人でドイツに留学した中国人は、現地で
キセルの常習犯であったことが記録に残されてしまい、就職活動に失敗したという。

文末でブロガーは「良い制度の下では悪人も徐々に減っていく。
欠陥のある制度の下では善人も徐々に悪くなっていく」と言い、
「不誠実で信用のない人間を封じ込めるような制度体系を
構築しなくてはいけないだろう」と結んだ。(編集担当:西谷格)

続きを読む