赤線で突っ込んでみた:突っ込み速報

日々起きているニュースや面白かった動画に対して 赤線で突っ込みを入れるニュース。 2ちゃんねるの反応をも含めて紹介していきます。 批判や称賛は大歓迎です。 気づけば韓国ネタが多いこのごろ。

はじめまして。 ニュースや面白かった動画に対して突っ込むサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願いします。 コメントは自由に、管理人への突っ込みや批判もぜひしてくださいね。 できれば称賛してもらえるとうれしいな

アメリカ人

これがカルチャーショックだ。

ブログネタ
近畿地方・東海地方の旅 に参加中!
【米国ブログ】大阪の新世界「日本の中で異文化を感じた」



米国のブログ「shaun-nihon.blogspo」では、
日本に留学中の米国人女性が大阪を旅行し、感想をつづっている。

大阪の天王寺区にある新世界を訪ねた筆者は、
不思議な雰囲気に圧倒されたと心境を語っている。
筆者は、大阪を旅行するなら天王寺に行くことに決めていたという。
天王寺に同名の寺があると思って行ったが、存在しなかったのでがっかりした様子。
天王寺公園や動物園を散策しているうちに、新世界に迷い込んだという。

筆者は、日本でこれまでに感じたことのない危険な雰囲気を新世界に感じたという。
至る所でレストランに誘い込もうとする人々が立っており、
昼食を食べる店を決めかねて歩いていると、いきなり注意を引こうと
腕をつかまれたとショックを受けた様子で語っている。

ようやく大阪名物といわれる「串カツ」の店に決めて入った筆者、
串カツのおいしさに舌鼓を打ったと感想を記している。
しかし、串カツの店頭に立つ大きな串カツのマスコットには圧倒されたようで、
「ソースの二重取りは禁止」と叫ぶ姿を見て驚いたと記している。

昼食後、筆者は通天閣にある幸運の神として知られる
「ビリケンさん」を見に行ったとつづっている。
ビリケンさんはほかの仏像とは顔が違い、
日本人風の顔ではなかったと印象を語っている。
ビリケンさんの足を掻いてあげるとご利益が
あるとされているので実行してみたという筆者。
日本にはそういった迷信があるのが興味深いとつづっている。

新世界を散策して、混乱と違和感があったが、日本の中でもさまざまな文化が
あることを体験できてよかったと締めくくっている。(編集担当:田島波留・山口幸治)続きを読む

アメリカ人はアジア人を下に見ているな。

ブログネタ
海外驚きニュース! に参加中!
アメリカ人女「アジア人男は異性として見られない、
なんかイマイチ」→コメント欄大炎上




・アジアの男?ごめん、それは私の中ではないわ。

・友人としてならとっても好きだけど魅力的かと言われるとね・・・
あまり惹かれないんだよね。

・体付きが駄目だよね。やっぱヨーロッパの男がいいわ。

・基本的にタイプじゃない。

・あんまりって感じ、人種差別とかそういうのじゃなくて単純にタイプじゃないんだよね。

・惹きつけられるものが全然ないのよね。私はコーカサス人が良いわ

・アジア人男性を見て胸がときめくことってあんまないよね。

・いくらかのアジアの男はとても魅力的だよね。
でも大部分のアジアの男はなんかイマイチだと思う。
だけどアジアの男性って賢くて、礼儀正しくて、
優しくて、基本的にいい人がとっても多いんだよね。
だから私はアジアの男性は普通に好きだよ。

・アジアの男が好きって人も意外といると思うよね。
特にアニメや日本・韓国のカルチャーが好きって人の中には多い気がする。

・アジアの男は100%ありえないわ!

続きを読む

このアンケートってアメリカ政府の差し金だろ。

ブログネタ
海外ニュース4 に参加中!
アメリカ人が好きな国1位はカナダ、嫌いな国1位はイラン--中国報道 (Searchina)



環球網は17日、米国の調査会社が先日実施した米国人が持つ外国の好感度に関する
アンケートで、イランが最下位、北朝鮮が下から2番目となったことを伝えた。

このアンケートは米ギャラップ社が今月2日から
5日までの間に1029人の米国人に対して実施したもの。
対象23カ国のうち、回答者から最も好かれた国はカナダで、96%が「好き」と回答した。
以下、オーストラリア(93%)、英国(90%)、ドイツ(86%)、
日本(83%)、フランス(75%)、インド(75%)と続いた。
なお、最下位のイランは10%の回答者が
「好き」と答えたにとどまり、北朝鮮は13%だった。

ギャラップ社は、イランに対する好感度の低さの要因に核開発問題があるとしながらも、
調査を開始した1989年(5%)以降、2004年の17%を最高に
一度も20%を超えていないことも紹介した。
北朝鮮については、00―02年まで20%以上の好感度だったものが、
ブッシュ大統領(43代、当時)の「悪の枢軸」発言によって
03年以降10%前後にまで落ち込み、現在も続いていると考察した。

環球網は報じていないが、ギャラップ社は41%で
14位だった中国の好感度の推移についても考察を掲載、
昨年の47%より低下したものの「過去10年間のレンジ内」だとした。
中国の好感度は、2月にブッシュ大統領(41代、当時)の訪中があった
1989年に72%を記録したが、同年6月の天安門事件によって
翌90年は34%と急降下、その後約20年にわたり40%前後で推移している。
続きを読む

これが中国人の見方か。

ブログネタ
米中関係のニュース に参加中!
「中国に対する友好度」、最も高いのは米国人、低いのは日本人―マレーシア華人



2011年11月20日、マレーシア華人が各国の
「中国に対する友好度」を100点満点で評価した。
最も得点が高かったのは米国人、
反対に低かったのは日本人だった。参考消息(電子版)が伝えた。

日本人の中国に対する友好度は100点満点中わずか「30点」。
点数が低い理由は「30歳以上の日本人はほぼ全員が中国人を見下しており、
中国人を『汚い』『粗野』『野蛮』というイメージで見ている」こと。
一方、同じアジアの隣国、韓国は「90点」と高得点。
「国家間の争いに触れなければ、
中国人に対して尊敬の念を持っている」というのがその理由だ。

では、マレーシア人はどうか?「60点」と微妙な点数。
彼らも日本人同様、中国人を「狡猾で人をだます」と思っているという。
唯一の救いはマレーシア在住の華人は南方系が多いため、
「中国人」のイメージに北方系は含まれていないこと。
いずれにしろ、中国人をあまり好きではないことは確かだが、
「女遊びの時には中国女性に手を出す」と批判的だ。

イランやサウジアラビアの中東人は「70点」。
自らが金持ちであるため、中国人に対して何とも思っていない。
良いイメージもないが、悪いイメージも持っていないという。
ヨーロッパ人(英国を除く)は「50点」と辛口。
特にドイツ人は中国人を「闇市場」「マフィア」「パクリ」「素養がない」
「レベルが低い」などと馬鹿にしていると怒りをあらわに。

だが、英国人だけは「70点」とまずまず。「中国人に対して紳士的」のようだ。
欧州の他の国々と違い、忍耐強く話し合いに応じようという姿勢があると好評価。
さらに評価が高いのが米国人の「90点」。
非常に開放的かつ民主的で、
外部の言葉に流されて中国人に対する見方を変えたりしない。
積極的に交流を持とうとし、平等な立場で接すると大絶賛だ。

そして、最後はアフリカ人。「70点」を付けたものの、サンプル数は多くないらしい。
全体的にアフリカ人は中国人に対して偏見はないが、
それほど親しみも感じていないようだとしている。(翻訳・編集/NN)
続きを読む
このブログについて
syu

このブログは主に私が気になったニュースを2chの意見を参考にしながら紹介しています。流れは記事に対する2chの意見や私の突っ込み、ニコニコ動画などで突っ込みたくなる動画、そして私の感想となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


※ 相互リンク、RSSに関して
リンク希望の方はこちらにメールをお願いします。

shhi335^^yahoo.co.jp
^^→@に変更してください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除
赤線でまとめてみた
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
記事検索
デイリーランキング


アクセスランキング

アクセスランキングは1日集計です。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ