ブログネタ
アメリカ America に参加中!
【トラベル】日本人の入国拒否、米国で続発 有名お笑いタレントもトラブル遭遇



アメリカで入国を拒否されたと、お笑いタレントがブログで次々に告白した。
一般人でも、思わぬ理由で拒否の対象になるというのだ。

「国際指名手配!?」

こんな仰々しいタイトルでブログを書いたのは、
お笑いコンビ「ハイキングウォーキング」の松田洋昌さん(35)だ。

その2012年2月11日付ブログによると、松田さんは、ある番組スタッフに預けた
自らのパスポートをそのスタッフが紛失して以来、
アメリカの入国審査では必ず1時間ほどパスポートを調べられると告白した。
9日にハワイに旅立ったが、入国の際に別室に連れて行かれて、
またもや事情聴取を受けることになったそうだ。

入国審査官が繰り返し聞くのは、オンラインで事前に
出入国カードに書き込めば済むビザなしの電子渡航認証システム(ESTA)を
2回も申請されたままになっているのはなぜかということだ。

「パスポートをなくしたので、ESTAを再申請しました」。
松田さんは、いつもこう強調するのだが、なかなか分かってもらえない。
パスポートをなくした理由などを聞かれ、英語が話せずにいると、
日本語ができるスタッフが出てきて、ようやく通してもらえるという。

そこで、今回はマネージャーに依頼して事前に調べることにした。
その結果、なくなったパスポートがだれかに使われているか、
国際指名手配犯と同姓同名であるか、などの可能性があることが分かった。
そして、弁護士を立てるか、アメリカで調べて
手続きをするかの必要があると報告を受けた。

とりあえずハワイでは、英語の質問状を審査官に渡すことにした。
それを受けて、審査官が調べたところ、なくなったパスポートのESTAが未だに
使われていることになっていて、これがコンピュータのミスだと最終的に判明したそうだ。

続きを読む