ブログネタ
信じられないニュース に参加中!
日本の「うつ状態」の人の出現率、米国の3倍に



ニールセン・カンパニーは5月14日、
「うつ状態に関する日米比較調査」の結果を発表した。

これによると、「うつ状態」の人の出現率は、米国が9.6%だったのに対し、
日本はその約3倍の30.4%だったという。

うつ状態の原因においても、日米で違いが見られた。

日本のトップ3の原因は、「仕事上のストレス(82.5%)」、「生活に対する
経済的な不安(55.3%)/自分の将来に対する不安(55.3%)」だったのに対し、
米国のトップ3は「自分の将来に対する不安(67.3%)」、「生活に対する
経済的な不安(61.4%)」、「家庭内の問題(53.5%)という結果となっている。

うつ状態にある時、普段に比べてどの程度仕事に時間がかかるかを聞いたところ、
日本では平均約1.4倍、米国では約1.2倍の時間がかかっていることがわかった。

また、うつ状態になった際、「病院に行く」と答えた人は米国のほうが多く
(日本:16.5%、米国:38.6%)、日本では「気晴らしに趣味などに打ち込む」と
答えた人が多かった(日本:71.8%、米国:55.4%)。

こうした結果を踏まえ、コンシューマー リサーチ部門のシニアエグゼクティブの
福井健太氏は、「米国と異なり、日本では仕事上のストレスや身近な環境における
人間関係がうつ症状の主な要因となっていることが明らかとなった。

それに呼応するように、平常時と比較した際の仕事に
おける効率も米国と比べて明らかに低下していた。

また、日本人はうつ症状を誰かに相談するよりも自分で解決しようとする傾向にあり、
それが医療機関への受診率の低さにつながり、うつ病の潜在患者数の多さ
(うつ症状を有する対象者の出現率の高さ)という
結果を引き起こしていると思われる」とコメントしている。
うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、
抑うつ気分や不安・焦燥(しょうそう)、精神活動の低下、
食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である。


5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 09:25:19.91 ID:FE6Uo/4o0
日本人の方が不安遺伝子が多いんだろたしか、


12 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 09:34:38.48 ID:EGP70+qm0

20代が一番多いというのが異常だよな


14 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 09:34:48.86 ID:9Y2C3QPy0
アメリカ人て頭きたら爆破するんだろ?そりゃストレスたまらないわ


18 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 09:37:51.44 ID:fgXxx/oB0
生活水準も高くぬくぬくと育ってるから


20 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 09:38:41.82 ID:0oJW/R7p0
何でもかんでも病名つけて、とにかく薬出してリピーターにして投薬単価稼ぎ
心療内科の集金マシーンだよ


31 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 09:49:10.63 ID:cFYXNqjQ0
メリケンなんて薬依存の社会でも
服用歴があると差し支えるから薬購入代行のビジネスとかあるって聞いたぜ


33 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 09:55:20.77 ID:Dflp8qZu0
こんなネタは専門板には勝てないから辞めとけ


36 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 10:04:12.57 ID:+beszwhRP
岡村も鬱発症した時は金が無い金が無い連呼してたらしいな


56 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 11:06:51.39 ID:y01ITJqT0
アメリカの方がヤバいと思ってた
薬が手に入りやすくて飲んでる奴がおおいだけ?


66 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 11:14:24.55 ID:DDY+5nKg0
アメリカ製薬会社のステマ

うつ病は患ったら簡単には治らないからなあ。

だから酒や薬などにおぼれるのでは。



ところで鬱を治すのによい本があるから読んでくれ。



うつからの脱出―プチ認知療法で「自信回復作戦」
うつからの脱出―プチ認知療法で「自信回復作戦」
クチコミを見る