ブログネタ
ドラマ に参加中!
"皇室を「王家」?" NHK「平清盛」に疑問の声→担当識者
「国を思う方の批判は理解するが、皇室貶める意図なし」




・NHK大河ドラマ「平清盛」で、当時の皇室(天皇家)を登場人物らが
「王家」と呼んでいることが議論を呼んでいる。
中国の冊封体制下で「王」は「皇帝」に仕える立場であることなどから、
王家の呼称は「天皇家の権威をおとしめる表現」との批判があるためだ。
同番組の時代考証を担当し、本郷和人・東大史料編纂所准教授に、
「王家」を使った理由を解説してもらった。
---
なぜ天皇家、皇室という言葉を用いなかったか。
ひとことで言えば、「平清盛」の時代には使われていなかったから、です。

この時期には、天皇の血族をファミリーとして捉えるという概念がいまだ出現していない。

播磨の海、周防の灘、と命名しても「瀬戸内海」とまとめる言葉がなかったのと同じです。

近衛天皇の寺院、鳥羽上皇の御所、美福門院の荘園など、
個別の名が用いられ、天皇家も皇室も、また「王家」も、言葉としては定着していません。

それから150年、鎌倉時代末から南北朝時代、天皇家と皇室は依然として
用いられていませんが、「王家」が各階層で使われるようになります。たとえば、
◎皇族…花園上皇「(後醍醐天皇は)乱髪、小袖一、帷一を著せしめ給うと云々、
王家の恥、何事これにしかんや」(『花園天皇日記』元弘元年別記10月1日)
◎貴族…北畠親房「王家の権さらになきがごとくになりぬ」(『神皇正統記』二条天皇)
◎武士…結城直光「昔より誰の家か、
王家の相門を出ざるや」(『源威集』前九年の役のこと)。

どうして「王家」が登場したかというと、「平清盛」の時代、
天皇イコール「王」だったことが素地になったのです。
この頃、天皇という呼称はあまり使われず、みかど・主上、それに「王」が用いられた。

藤原信西の主導のもと制定された保元元年の新制(新しい憲法)は
冒頭で「九州の地(日本全国)は一人(天皇)のもつところなり。
王命(天皇の命令)のほか、なんぞ私威を施さん」と力強く宣言しますし、
「王法(天皇の法)と仏法は車の両輪」は頻出の決まり文句です。
九条兼実(関白)は日記『玉葉』に、天皇をしばしば「王者」と記す。

貴族は彼我の上下関係にきわめて敏感でした。座席の上下を争い(座次争論)、
下位の者が先に昇進(超越(ちょうおつ)といいます)すると強硬に抗議します。
時には激怒して出家し、自ら家を絶やすことも。
その貴族たちが、天皇を「王」と呼ぶことに、全く違和感を示していない。

とすれば、皇帝が上位で王は下位、天皇は皇帝と同格だから
王とは絶対に呼ばない…という現代的な私たちの理解は、
当時の貴族社会には適用できないのではないか。
こういうことはしばしばあって、たとえば「自由」はわれわれにとっては良い言葉ですが、
かつては「自由の振る舞い」の如く、わがまま勝手を意味する悪い言葉だった。

では、天皇のファミリーは何と表現するか。中世史学界は、貴族を「公家」、
武士を「武家」とするのにあわせて、これを「王家」と呼んでいます。
天皇家・皇室の語が一般的になるのは明治以降だし、「朝廷」ならびに
「朝家」は天皇の政府を指す(武家の「幕府」に対応)のでニュアンスが異なる。
「皇家」は適当ですが、「王家」に比べると使用例が乏しい。

NHKの制作サイドに尋ねられたとき、以上を勘案し、「王家」の使用を提案しました。
純粋に学問的な見地からの応答です。国を思う方々の批判は真摯に
受け止めねばなりませんが、皇室をおとしめる意志が
露塵ほどもなかったことは、まちがいありません。
---

NHKは昨年8月、番組の公式サイトで、鳥羽上皇、後白河天皇などについて
「王家」と表示し、後白河天皇を「この国最強の王になった」と解説した。
これに対し、「天皇家は王家ではない」「権威をおとしめる意図があるのでは」
などとした批判がネットを中心に巻き起こった。

NHKは同11月4日、サイトの表現を、藤原摂関家や新興貴族を交えた
政治をつかさどる人々全体として「朝廷」に修正。
同月下旬に磯智明チーフ・プロデューサーは
「学説でも『王家』でまとまっているわけではない。
この言葉はドラマの中でとどめようと思った」と説明した。
批判は一時収まったが、番組の放送開始により再燃している状態だ。



日本放送協会(にほんほうそうきょうかい、にっぽんほうそうきょうかい)とは、
日本の公共放送を担う事業者。
日本の放送法(昭和25年5月2日法律第132号)に基づいて設立された、
放送事業を行う特殊法人(放送法第16条、日本放送協会定款第1条)。
総務省(旧・郵政省)が所管する。

12 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 09:30:56.88 ID:td1fOyRA0
国を思うかどうかは関係ないな
王じゃないから単純に 格 が違う


16 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 09:34:03.25 ID:jYalFBld0
尊敬するしないの問題じゃなくて言葉の選択としてズレてるっつってんの
SF物で「くせものじゃ!出会え、出会えー!」って言ったり
時代劇で「マジっすか?ビンビンきてるんすけど!」って
言ったりするようなもんなの


19 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 09:36:05.37 ID:Q+EOE1iB0
150年後の事例を引く理由がわからん。


25 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 09:38:06.73 ID:8jh8ENbe0
NHKどうなってるの?

ニュース番組でも毎日のように日本企業はダメ、韓国は元気、見習えと

韓国の企業名連呼してステマやっているし
本当におかしいですよ


35 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 09:44:43.69 ID:v0DcEeW70
こいつら詭弁も甚だしい、当時使われていた言葉だけでドラマの撮影をしたら

誰が見るんだよ、何言ってるかわからんだろうに。
それに当時の人物名が訓読みで呼ばれていたのか

音読みなのかも定かではない人物も多いんじゃなかったのか。


38 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 09:49:06.25 ID:M5rLzBmA0
本郷和人は史料編纂所出身なら、そもそも天皇という名称を
明治政府に言われて引っ張りだしてきたグループの身内だから
平安後期なら王で間違いない


42 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 09:51:06.47 ID:SafWj8m90

要するに何て呼ばれてたか分からないんだろ?
例えそう呼ばれてた文献が何件かあったとしても
当時の王の意味は今と同じ意味ではなかっただろうし
ドラマの言葉が全て当時の話し言葉ならまだ分けて
仮説の1つとして捉えられるかもしれないが
それやったら見てる人何言ってるか理解できないでしょ
だから王家も当然理解できないって事になる
当時使われてた言葉と同じ意味合いの現代言葉にしろって話


52 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 10:06:14.24 ID:eMrbWkkk0
他の大河で時代考証している先生に
知合いがいるのだけどその先生が言うには
「時代考証の意見はあまり聞いてもらえない」だったな。
まずはNHKの製作側が今回王家を放り込んできたんだと思う
それを指摘されてから時代考証の先生が
むきになってしまったって感じだと思う。


57 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 10:10:44.16 ID:QWI0Xi900
清盛55歳の時に来た宋の明州(現代の寧波)から
後白河院への朝貢品の目録に
「日本国王」
と書いてあって貴族たちがケシカラン、無礼であると憤慨した。

200年、500年、900年後の文献に「王家」の記述が
あるとか無いとかは全然関係ない。
清盛が生きていた同時代の貴族が天皇や上皇を
「王」呼ばわりする事に不快感を示した。

それだけで十分だ。


92 :名無しさん@12周年:2012/01/25(水) 10:44:48.96 ID:14+OnYrI0
天皇は「王」ではなく「大王=おおきみ」だったんだろう。
それにしても王家などよく考えついたものだね。
それにそんなつまらないことで抗議する奴らもまるで昔の「不敬罪」を
言い立ててる奴みたいでいやあぁな気分になる。
ネットウヨいい加減にしろ。

担当識者はそんなんで揚げ足取りするなよと言わんばかりである。