ブログネタ
ドキュメンタリー映画 に参加中!
南京大虐殺描くチャン・イーモウ監督新作、
「リアリティない」と米国では大不評―SP華字紙




2012年1月8日、シンガポール華字紙・聯合早報は、
チャン・イーモウ監督の新作映画「ザ・フラワーズ・オブウォー(金陵十三釵)」が
米メディアに酷評されていると報じた。

南京大虐殺をテーマとした同作は2011年末の公開。
大ヒットを記録し、興行収入4億5000万元(約55億8000円)で、
中国映画としては2011年最大のヒットとなった。
第84回アカデミー賞を狙い、2011年末には米国の一部都市で上映されているが、
3月からは全米で公開される予定だ。

中国メディアの絶賛と対照的なのが米メディアでの不評だ。
12月の南京で足を露わにしたチャイナドレスをまとう女性に代表的だが、
誇張表現が多くリアリティが感じられないというのが主な批判点だ。

映画評論家として知られるコロンビア大学のエマニュエル・レヴィー教授は
「本当の生活から生み出されたアイディアではなく、
チャン・イーモウ監督が作り出しただけのもの。
バランスに欠けている。チャン・イーモウ監督のワースト作品だ」と酷評した。
(翻訳・編集/KT)
南京事件(なんきんじけん)は、日中戦争(支那事変)初期の1937年(昭和12年)に
日本軍が中華民国の首都南京市を占領した際、約6週間から2ヶ月にわたって
中国軍の投降した便衣兵、一般市民などを殺したとされる事件。
「南京大虐殺」とも呼ばれ、その真偽や程度などが論議されている
(南京大虐殺論争を参照)。

3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/01/12(木) 09:08:26.33 ID:kjTfbi+8
やり過ぎちゃったな


13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/01/12(木) 09:11:11.45 ID:3nchBqn4
原爆落としたのが虐殺じゃないのが不思議

33 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/01/12(木) 09:23:05.96 ID:eBKBCjab
安っぽい反日プロパガンダ映画で
世界が日本を非難し中国に同情を寄せると思っていた
中国共産党とその犬の映画監督は馬鹿


51 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/01/12(木) 09:36:00.87 ID:kRQGN7NL
せっかく白人にこびて作ったのになw

64 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/01/12(木) 09:41:43.57 ID:OUuDJV9f
何か、欧米も手のひら返し過ぎてどうなの

日本を敵に回せない別の事情でもあるのかなw


84 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/01/12(木) 09:53:15.45 ID:7+dUhlqU
国内事情と云うか共産党自体が結構もうヤバイんじゃないの?


99 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/01/12(木) 09:57:07.83 ID:xtC+hiWb
まあ攻防戦の中で南京市民は少なからず犠牲になっているとは思う。
ただ30万人も殺傷するには原爆を落とすか
巨大津波を起こさない限りムリだろ。


130 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/01/12(木) 10:12:16.38 ID:NRPASULt
>第84回アカデミー賞を狙い、

アカデミーっていうくらいだから賞が欲しいなら
それなりには学術的な裏付けが必要なんじゃないのか


189 :(゜- ゜)っ )~:2012/01/12(木) 10:25:33.09 ID:9m5q2ICv
んー
ハリウッド周りの筋金入りのメリケンサヨクが
一生懸命持ち上げそうなんですが
作品的にそれも無理っスってことかな?


204 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/01/12(木) 10:29:56.56 ID:j5VDzEIk
>>189
アメリカのここ数年の映画を網羅してるわけじゃないから、
あくまでも傾向の話だけど、今のアメリカて、
米兵が外国の軍隊相手に戦う映画ですら、
プロパガンダ扱いされて(実際にプロパなんだが)拒絶されがちなのよね
少なくとも、昔ほど脳天気には作ってない。ものすごく気を遣ってる
それでもその手の映画は作らずには居れないのがアメリカだから、
ここ最近のアメリカは宇宙人によく襲われることに

そんな空気のとこに、「プロパガンダ-!!」と叫びながら、

突入しとるのが>>1の映画 


中国人が言う数字は気をつけたほうがよい。