ブログネタ
米中関係のニュース に参加中!
「中国に対する友好度」、最も高いのは米国人、低いのは日本人―マレーシア華人



2011年11月20日、マレーシア華人が各国の
「中国に対する友好度」を100点満点で評価した。
最も得点が高かったのは米国人、
反対に低かったのは日本人だった。参考消息(電子版)が伝えた。

日本人の中国に対する友好度は100点満点中わずか「30点」。
点数が低い理由は「30歳以上の日本人はほぼ全員が中国人を見下しており、
中国人を『汚い』『粗野』『野蛮』というイメージで見ている」こと。
一方、同じアジアの隣国、韓国は「90点」と高得点。
「国家間の争いに触れなければ、
中国人に対して尊敬の念を持っている」というのがその理由だ。

では、マレーシア人はどうか?「60点」と微妙な点数。
彼らも日本人同様、中国人を「狡猾で人をだます」と思っているという。
唯一の救いはマレーシア在住の華人は南方系が多いため、
「中国人」のイメージに北方系は含まれていないこと。
いずれにしろ、中国人をあまり好きではないことは確かだが、
「女遊びの時には中国女性に手を出す」と批判的だ。

イランやサウジアラビアの中東人は「70点」。
自らが金持ちであるため、中国人に対して何とも思っていない。
良いイメージもないが、悪いイメージも持っていないという。
ヨーロッパ人(英国を除く)は「50点」と辛口。
特にドイツ人は中国人を「闇市場」「マフィア」「パクリ」「素養がない」
「レベルが低い」などと馬鹿にしていると怒りをあらわに。

だが、英国人だけは「70点」とまずまず。「中国人に対して紳士的」のようだ。
欧州の他の国々と違い、忍耐強く話し合いに応じようという姿勢があると好評価。
さらに評価が高いのが米国人の「90点」。
非常に開放的かつ民主的で、
外部の言葉に流されて中国人に対する見方を変えたりしない。
積極的に交流を持とうとし、平等な立場で接すると大絶賛だ。

そして、最後はアフリカ人。「70点」を付けたものの、サンプル数は多くないらしい。
全体的にアフリカ人は中国人に対して偏見はないが、
それほど親しみも感じていないようだとしている。(翻訳・編集/NN)
中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、
および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。

6 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 07:44:24.09 ID:7uWCTz/+
他国から情報を得るために国家主導で
ハッキングを行っている国を信じるなんてお人よし。
原爆がローテクノロジーになった現在、
米国内で中国系アメリカ人が核爆弾を組み立てて、
要所に配置しておくことだってやりかねない国。
世界を制覇するためなら、人権や他国の主権を無視して
あらゆる手段を弄してくる共産主義軍事優先国家を相手にして、
あまりに無防備なアメリカ市民。


10 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 08:05:02.02 ID:hOaWIbLC
しかし、この数字って、どうやって出したんだ?

べつに、日本やアメリカでアンケートを実施したわけではなさそうだが…


11 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 08:05:39.17 ID:06oGAUeB
江沢民の反日政策が効を操したもんな
日中国交正常化以降、わりと親中だった
日本国民にとって、面喰らった衝撃な出来事だったな
アレで一気に、日本も反中へと傾いたからな
今もそれが継続している


17 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 08:25:14.95 ID:7ycncKfy
日本での犯罪高いんだから高感度は良くないだろ。 


19 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 08:41:49.21 ID:Szl+urSS
そりゃそうだろ
「南京大虐殺」は米中合作歴史工作だもんね


20 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 08:56:46.89 ID:TXCfowyR
中国人もエリートは優秀で仕事上も付き合えるしイイ奴だよと言えるけど、
低教育のDQNが多すぎて霞むんだよねーw


22 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 09:00:42.19 ID:0TZ5p1ew
日本人は支那を見下していない。嫌いなだけだ。
嘘つきだし侵略するし文句ばかり言う。
反日教育なんて頭がおかしいと表明しているようなもんだ。
昔の支那は好きだから共産党が滅びれば訪れたい国No1だ。


24 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 09:10:56.29 ID:+ffY5yTs
アメリカ人は現実の中国人を嫌悪してるくせに
幻想の中国、中国人が異常に好きだからな
戦前からそうだべ


28 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 09:33:32.26 ID:JNcPSMLm
こんなのあてにならん
アメリカ人は金になると思ってるだけだろ
文化的に考えても日中の方がわかりあえる


31 :名前をあたえないでください:2011/11/22(火) 10:29:29.85 ID:0ElXGH4d
アメリカは日中戦争で国民党軍を応援していたし。
日本陸軍が北部仏印(ベトナム北部)に
進駐したのもこの蒋介石に物資を輸送する
援蒋ルートを遮断するためだった。
南部仏印まで進駐したら、アメリカもさすがに
切れて日米戦争になった。
しかし、日中の航空戦などでは米国人パイロにットも
蒋介石軍のなかにおり、日本と
戦っていたと思われる。日本兵はあの飛行機は
毛唐が乗っていたなとかいっていたからだ。
毛唐とは白人のことな。だから日米は真珠湾の前から戦争してたのだ。
ドイツともアメリカは開戦前から戦争していたし。
パールバックの「大地」とかの書物でアメリカ人は
中国人はシンパシーを感じていたんじゃ
ないかなあ。とは思う。


ほんとはアメリカと中国って仲がいいのかな。