飢饉対策に全力で取り組む ソマリア暫定大統領が会見



【モガディシオ共同】ソマリア暫定政府のアハメド大統領は15日までに、
共同通信と単独会見し、ソマリアで進む飢饉について、
内戦が続く同国の治安の悪さが状況深刻化の一因になったと述べた上で
「できることは何でもする」として、全力で対策に取り組む決意を表明した。

さらにアハメド氏は、今月に入ってイスラム過激派が首都から撤退したことを踏まえ、
同国で約20年間続いた無政府状態終結への「最大の好機だ」と明言した。



ソマリアは、東アフリカのアフリカの角と呼ばれる地域を領域とする国家。
ジブチ、エチオピア、ケニアと国境を接し、インド洋とアデン湾に面する。

1991年勃発の内戦により国土は分断され、事実上の無政府状態が続き、
エチオピアの軍事支援を受けた暫定政権が首都を制圧したものの、
依然として内戦状態が続いている。

現在の国土は暫定政権の南部と、1998年7月に自治宣言したプントランド
(首都ガローウェ、暫定政権との連邦制に肯定的)の北東部、91年に独立宣言した
旧英領のソマリランド共和国(首都ハルゲイサ、国際的に未承認、
東部に分離の動き)の北部に大きく3分割されている。

602 :名無しさん@12周年:2011/08/18(木) 16:53:05.34 ID:l3KlqLgs0
いつも思うんだけど、大昔はアフリカに限らず
どこの国もこんな状態だったんじゃないの?
日本の平均寿命が50を越えたのって明治に入ってからでしょ。
縄文時代なんか、出生率が8超えてて、それでどうにか
人口を維持できるくらいだったとか。
つまり凄まじい乳幼児死亡率だった。


603 :名無しさん@12周年:2011/08/18(木) 17:29:22.76 ID:RG7q7jOk0
>>602
本来、死ぬべき命、語弊があるので言い換えよう。
本来自然淘汰されるであろう人口までも、医療や食糧を他国が援助するために
生き残ってしまい、生態バランスが崩れていると考えられる。 

604 :名無しさん@12周年:2011/08/18(木) 20:09:19.49 ID:kmimVdKJ0
>>603
その生態バランスとやらを取るための命は誰が決めるんだよ!カス!


605 :名無しさん@12周年:2011/08/18(木) 20:58:29.81 ID:74cTekdO0
>>604
俺が決める
人を捕食する生き物を放てばバランスが取れるだろう 

606 :名無しさん@12周年:2011/08/18(木) 22:54:42.32 ID:aWQazMMU0
>>605
内戦やなんだであんだけ殺しててそれでもバランスが取れないのに・・・

612 :名無しさん@12周年:2011/08/18(木) 23:51:52.49 ID:ZWOSWTLz0
食料援助なんて根本的な解決にならないでしょ
少なくともソマリランド地域では石油等の
天然資源の存在が確認されてるみたいだし
内戦が治まって正式な政府が統治すれば
豊かになれる可能性もあるだろうに 

614 :名無しさん@12周年:2011/08/19(金) 00:12:09.35 ID:VqvnbpjM0
・女子供が飢えるのは男がまずたらふく食うから。余ったら女(母)→子の順。
・バイオエタノールの原料を育てている畑に入り、
「こんなもん育てても食えないよバーカ」と言って引っこ抜いてしまう。
・女が水汲みで苦労しなくなったのがムカツクって理由で男が井戸を破壊する。
・1穴に5粒種を蒔けと言ってるのに、
再度状況を見に行くと穴すら開けずにばらまいてる。
 >知能が無いんじゃない。たんに働くのが嫌なだけ。
>あげく種もみまで食べておかわり要求。

615 :名無しさん@12周年:2011/08/19(金) 00:16:37.53 ID:VqvnbpjM0
・日本政府、資金援助と技術協力で水道設備作る。
 >水道施設から直接水盗む奴続出。配管途中で穴開けて水盗む奴続出。
>農場まで水がいくことはなかった。
・先進国が学校を寄付。数年後で廃墟になる。
・マラリヤ対策の蚊帳を魚をとるのに使う。で、魚がいなくなるまで取り尽くす。
・物あげても壊す。
・文化として、寝たいときに寝る、
先がわからない原始時代の生活を望んでいる。
 文明国の人間の感性で「かわいそう」とか言って支援しても無駄。

639 :名無しさん@12周年:2011/08/19(金) 09:58:57.18 ID:Nnul191qO
所詮海賊か

642 :名無しさん@12周年:2011/08/19(金) 10:15:45.13 ID:FxbInXIv0
黒人はゴリラが進化して
黄色人種はチンパンジーが進化して
白人はオランウータンが進化したんだよ

果たしてどこまで取り組めれるのやら。
これを読んでソマリアを知ろう。


現代の戦争被害―ソマリアからイラクへ (岩波新書)
現代の戦争被害―ソマリアからイラクへ (岩波新書)
クチコミを見る


ソマリア飢餓問題